PR

離乳食で使いたい保存容器「冷凍できてチンして直出し」

子育て始まったら、もう保存容器なしでの生活はあり得ません。

ぶっさん
ぶっさん

子供が昼寝したら即料理、出来上がったら即冷凍、夜中に下ごしらえし、子供が食べている間に自分は茶漬けを書き込んでひとり後片付け。

まじで、こんな生活です。全く楽しくない料理は作業と化し、眠気から指先を切り落とし、悲鳴で子供が起きて泣く。ただの地獄絵図やん。

というわけで、一度の料理で大量につくって如何いかに「料理無しデー」を用意できるかが、子育てを平和に乗り越え、夫婦関係を良好に保ち、安眠できるかの分岐点になります。

スポンサーリンク

離乳食で使いたい保存容器について

ヨメちゃん
ヨメちゃん

こちらは、離乳食にあう保存容器の記事なので、ご安心ください。

ここから、ちゃんと情報をお伝えしていきます。離乳食に便利なアイテムについてはこちらの記事もどうぞ。

パパでも簡単にできる、初めての離乳食に便利な調理器具
母乳は出なかったけど、離乳食なら作れたという話。離乳食は、ほとんど味付けはないので、料理の経験やセンスよりもやる気の問題だったりするのでなんか言い訳できなくてつらい。

離乳食で優秀な保存容器の特徴

まずは、どんな容器を用意しておけばいいのか、「こんな保存容器があったら便利だな」というポイントをリストアップしておきます。

  • 滅菌・消毒対応
  • 電子レンジ対応
  • 小分けができる
  • きれいに並べられる
  • メモリがついている
  • 食器として、そのまま出せる
  • 食洗機も対応

保存容器のまま出したら怒られる?

レンチンしてそのまま出すとかありえないとか旦那に怒られそうですが、私が旦那なので無問題。調理に活用し、そのまま保存し、そのままレンジに放り込んで、そのまま食べられる、そんな容器が、私はほしい。

冷凍保存の注意点

と、勇み足で冷凍保存する前提で書き始めてしまいましたが、冷凍保存に関しては難点か注意点があります。

冷凍保存の注意点・デメリット
  • 冷凍は細菌などの活動を抑えるくらいで、残存はする
  • 微生物には、冷凍後、常温に戻れば再活性化するものもいる
  • 冷凍によって失われる栄養素もある(ドリップなどで流出)
  • 食材の細胞が壊れて食感が大きく変わる

などなどあります。いくらデメリットをあげられても、結局は冷凍するのであまり意味はないのですが、デメリットを打ち消す対策も書いておきます。

美味しく冷凍保存するポイント
  • 野菜は少し茹でてから冷凍する(ブランチング)
  • 下味をつけてから冷凍する
  • 一気に低温冷凍する(家庭では難しいが)
  • 冷凍に向いている料理・食材を知る
  • 解凍方法も工夫する(常温解凍しない)
  • 冷凍できる期間を知る(せいぜい1ヶ月、赤ちゃんなら1週間程度)

https://www.betterhome.jp/lp/book_01/

離乳食の容器、形状で分けるなら

この辺りは、大手サイトで取り上げているのでさくっと。

  • パック型
  • カップ型
  • 製氷器型

この辺りは、保存したい量と使用方法、使い勝手で選ぶことになりますが、我が家の場合だと、こんな感じで用意していくと便利だなと思いました。

離乳食始めはとにかく「小分け」

製氷器型で、小分けに食材ごとに保存。どうせあまり食べないので少量ずつ使えるのが良いと思います。

ぶっさん
ぶっさん

このスケーターの小分け容器だと、スライド式でさっと取り出せるのと、スタック(積み重ね)しやすいです。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

かさばりやすい離乳食初期の重湯やら野菜汁なんかも冷蔵庫にかさばらずに保存することができます。

離乳食中期は汁物の処理がポイント

少しずつ食べるものが増えると、「おかゆ」と「おかず」を食べてもらいます。おかゆが嵩張るので、大きめの製氷器型で冷凍保存しつつ、おかずは小さめの製氷器型で。

ただ、野菜スープなども作り始めると、安定感のあるパック型の保存容器も欲しいところ。

OXO Tot ベビーブロック フリーザーコンテナ

例えば、少しコストがかかるので購入まではお勧めしませんが、わかりやすいのはOXO Totのフリーザーコンテナ。

商品画像を見てもらえればわかるのですが、積み重ねても安定感があり、仮に倒れても汁漏れしない気候になっています。

Richell わけわけフリージング カップ25

ポタージュ上くらいのものであれば、シリコンカップの小分けがありがたい、リッチェルのフリージングカップもお勧めです。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

これは、小分けのポテトサラダなんかをパッと取り出して少し温めてそのまま出せるやつですね

離乳食卒業期は大物処理

ほぼ、親と同じものを食べ始めると、ご飯などの冷凍に移ります。固形物で量も多くなるので製氷器型では荷が重くなってきます。

大きめのブロックトレーでもいいのですが、空になった後に場所を取る感じになる。

スケーター ミニミニ シール容器

少し小さいサイズですが、作った離乳食はとにかく同一サイズのシール容器に突っ込んで保存。どうせ、回転率は速いのであっという間になくなる。

スポンサーリンク

離乳食にお勧めの保存容器

ここからは、保存容器をひたすら紹介していきます。

ランチ・持ち運びポットのお勧め

まずは、保存容器の中でも、お弁当タイプのものからお勧めしていきます。

Richell おでかけランチくん

魔法瓶機構でありながら、中の食器が取り出せるという、ある意味昔ながらのお弁当箱スタイルなのですが、便利です。

ぶっさん
ぶっさん

外出用に一つ用意しておくならお勧めしたいのが、お出かけランチくんですね。

我が子は割となんでも食べてくれましたが、「これじゃないといや!」という子供の場合、外出の時でも好きな味の離乳食を用意しておきたい。でも、少しは暖かい状態で出してあげたい、そんな時に使えます。

常温での持ち運びは食中毒のリスクも

書きながら「おや?」と思ったのでさっと調べましたがが、やはり、温めた状態での持ち運びは食中毒の危険性がありますね。

細菌・感染学の授業はもはやあまり覚えていないのですが、高温で処理すれば大概の最近はやっつけられますが、芽胞など「温度にも強い防御壁」を持つ最近もいて、ただ熱処理をすれば大丈夫というものでもありません。

この場合、そもそも菌がつかないような調理をして、保存容器も清潔なものに入れることでリスクは軽減します。また、菌が繁殖しやすい温度が、25℃〜45℃というまさに常温。この温度帯にならないように、60℃以上をキープできる保存容器なら比較的安全だと考えられています。

とはいえ、どんなに頑張っても最近はつくし、気がついたら増えるものなので、数時間の移動などがある場合は、お弁当よりもパック詰・密封処理されたベビーフードの方が安全だと考えられますね。

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/lunchbox.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%BD%E8%83%9E

THERMOS まほうびんの離乳食ケース

食中毒のことも考えると、やはり生半可な覚悟じゃ保存容器を紹介できないな、と思い始めたので、「だったら、もう本気の魔法瓶で「60℃以上キープ」、保冷もバッチリの商品がいいな、と思ったのでサーモス。

ぶっさん
ぶっさん

私は、看護学生時代には(病院の実習は食欲が出ないので)スープなんかを多用したのですが、サーモスのスープジャーは裏切りませんでしたね。ずっとあったか、魔法瓶、最高。

というわけで、サーモスでいい商品ないかな、と探すまでもなくありました。

保温での移動は難しそう

しかし、まず壁にぶち当たったのが「保温キープは難しい」ということ。

スープとかをパンパンに入れておくと、70℃くらいまでは保温状態をキープできるのですが、容量が少ないベビーフードのコンテナーだと50℃前後まで温度がさがてしまいます。

ぶっさん
ぶっさん

大きいサイズだと、割といけるんだけどね。

電子レンジでチンできればいいか

結論としては、保温での持ち運びは衛生上、よくない。なので、温めるのは現地の電子レンジを使おう。子供のお腹が少し強くなったら、家族分のご飯は大きめのランチジャーに突っ込んでいこう。そう思いました。

SKATER ステンレスポット

一応、最後にもうひとつ、ムーミンのステンレスポットを。

こちらは保温・保冷に対応しており、6時間で53℃の表示がされています。ただ、前述の通り、割と満タンに詰めて(この製品の場合だと熱湯も入れて)になるので、詰め込む離乳食次第では、温度が低下し最近ホットゾーンに突入しかねません。

ぶっさん
ぶっさん

それと、電子レンジと食洗機が使えないのも残念だね。

とはいえ、高温を維持できる幼児用のステンレスポットを探している場合はお勧めです。

冷蔵庫に入れる保存容器

先ほども紹介しましたが、離乳食を保存して、冷蔵庫に詰め込み、スタックし、電子レンジ解凍などもこなせるものを。

エジソン フードコンテナ

3つの仕切りがあり、まさにお弁当スタイルでありながら、冷凍・電子レンジに対応しているのはありがたいところ。

例えば、ママが料理担当で、何かしらの用事で家を空ける時に料理のできないパパにお食事を提供させる場合にすごく便利です。パパは感謝してもしきれないことでしょうね。

エジソン つむつむコンテナ

ちなみに、エジソンでは、こんな感じの「多機能コンテナ」まで出ています。なんとなく、ドリンクカップなんかはベビーマグなど別のものを用意した方が良さそうですが、とにかく、こんなものもあるぞと。

Richell わけわけフリージング ブロックトレー

すでに概ね紹介しているのですが、リッチェルは保存容器がとにかく強い。ブロックトレーはひとつはあった方がいいですし、サイズ合わせたくなって結局大量に買うことになります。

ピジョン 冷凍小分け用パック

この、ポリ素材のふたつきパックは、なんだか頼りない感じがして蓋もいつの間にか空いていたりで好きではないのですが、ピジョンのものは割としっかり閉まるのでこれはお勧め。

冷凍したものも、割と取り出しやすいので、緩めのおかゆを凍らせて、成形できたら取り出してジップロックやおわんに入れておくと、場所を取らなかったりそのままご飯に出せたりして便利です。

スケーター

もう、紹介する必要もなさそうですが、スケーターのトレーはスライド式でさらっと取り出せる形状になっているので、使い勝手は非常に良いです。

  • 30ml×8
  • 50ml×6
  • 80ml×4

同じ大きさで、3サイズ用意されているので、これなら離乳食初期から卒業まで、用途に応じて使い分けできそうです。

チュチュベビー モグモグ小分けパック

これは使ったことはないのですが、他のサイトでも多く取り上げられているので、うちも触れずにはいられないというか。デザインもママに人気が出そうなところをついていて、なんか、ちょっと、ずるい。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「スープ みそ汁 カップ」に関する最新情報です。

    ほっともっとが新たなカップスープラインアップを発表し、5種類の味を展開する。新商品には「しじみのみそ汁」「海苔とあおさのみそ汁」「わかめスープ」「たまごスープ」「5種の具材の豚汁」が含まれ、パッケージデザインも明るく変更されている。これにより、持ち帰り弁当のサイドメニューとして提供される。価格は各種150円から140円までで、豊富な具材や風味が楽しめる内容となっている。

    https://www.ssnp.co.jp/foodservice/543762/

  2. buchikuma-info より:

    「脱臭剤 冷蔵庫 冷蔵庫 脱臭剤」に関する最新情報です。

    岩手に住む認知症の母を遠隔介護する息子が、母が冷蔵庫の脱臭剤を誤って食べてしまった出来事に驚き、対策を取った。母は認知症の症状で食べ物との区別がつかず、脱臭剤を口に入れてしまった。母の異変に気づいた息子は、見守りカメラを通じて母の様子を確認し、介護職に古い食べ物を廃棄するよう依頼して改善を図った。母が脱臭剤を食べた日の前日にも異変があり、息子は遠隔から母の状況を見守っていた。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiImh0dHBzOi8va2FpZ28tcG9zdHNldmVuLmNvbS8xNTIyNjjSAQA?oc=5

  3. buchikuma-info より:

    「フード プラント プラント ベース」に関する最新情報です。

    雪印メグミルクが、プラントベースフード市場に本格参入し、新ブランド「Plant Label」を立ち上げた。このブランドからは、「えんどう豆」由来の原料を使用した商品が発売される。プラントベースフードは、植物由来の原材料を主に使用した食品であり、食の持続性という社会課題に対する新たな選択肢として注目されている。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2403/27/news080.html

  4. buchikuma-info より:

    「お弁当 お弁当 デコる デコる」に関する最新情報です。

    貝印が料理研究家の藤原美樹さん監修の「みきママのりパンチ」を発売しました。この海苔パンチは、海苔を挟んでワンプッシュするだけでお弁当をデコレーションするための顔パーツを簡単に作ることができます。9種類の顔パーツを作ることができ、パッケージには藤原さん考案の顔バリエーション20アイデアが掲載されています。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1579071.html

  5. buchikuma-info より:

    「とんこつ カップ カップ とんこつ」に関する最新情報です。

    2024年3月18日、一蘭はカップ麺「一蘭とんこつ」を初リニューアルし、麺を増量し、スープと秘伝のたれも改良した。この新商品は4月1日から全国の一蘭店舗、公式通販サイト、一部小売店で540円で販売される。リニューアルでは麺の量が60gから70gに増量され、スープはとんこつの風味をしっかり感じられるようになり、秘伝のたれも新しいバランスで調整されている。

    https://www.ssnp.co.jp/noodles/541720/

  6. buchikuma-info より:

    「フード 愛犬 限定」に関する最新情報です。

    株式会社With Pet Familyが、2024年3月15日から3月31日までの期間限定で、愛犬用の季節限定フード「豆乳チュロス」を販売することを発表しました。このフードには、愛犬の健康に良いとされるスーパーフード「デーツ」が使用されており、豆乳や米粉などの成分も含まれています。豆乳にはイソフラボンが含まれており、愛犬のアンチエイジング効果が期待できるとされています。販売期間は2024年3月15日から同年3月31日までで、数量限定となっています。販売店舗や詳細情報は公式SNSアカウントで確認できます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000204.000033621.html

  7. buchikuma-info より:

    「ご飯 100 100 レンチン」に関する最新情報です。

    ハリオのガラス製ご飯釜が1,100円で手軽に炊き立てご飯が作れるという情報がAmazonセールで紹介されています。

    https://www.lifehacker.jp/article/amazon-timesale-2024-0308-1/

  8. buchikuma-info より:

    「ムーミン バレー バレー パーク」に関する最新情報です。

    ムーミンバレーパーク開業5周年を祝い、休暇村奥武蔵では特別な「春の北欧ビュッフェ」を提供し、ムーミングッズが当たる宿泊プランも実施されます。期間中は北欧の食文化を楽しめるほか、ムーミンスペシャルルームやムーミンバレーパーク1デーパス付きプランで宿泊すると、ムーミングッズが当たる抽選会もあります。また、リゾートホテルとしての魅力や施設の情報も紹介されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000399.000085653.html

  9. buchikuma-info より:

    「スープ カレー スープ カレー」に関する最新情報です。

    伊東ハム米久HDが新商品「肉塊スープカレー」を発売。鶏もも肉1枚入りの270gで、スプーンでほぐせるまでじっくり煮込んだスープカレー。自社工場で煮込まれたチキンベースのスープに牛すじスープを加え、お肉の旨みを引き出している。希望小売価格は税込650円で、常温保存可能。店舗陳列の負担を軽減するために、デザインも工夫されている。

    https://www.ssnp.co.jp/meat/539722/

  10. buchikuma-info より:

    「ダイショー スープ 300」に関する最新情報です。

    2021年からダイショーがラーメン店監修の鍋スープを発売しており、コンビニでも販売されている。これまでにない取り組みであり、ラーメン店の名前が鍋スープ売り場に並ぶようになっている。これは、ラーメン店のスープを使って鍋を作るという新しいアイデアであり、市場に変化をもたらしている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/737315?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  11. buchikuma-info より:

    「スープ 牛もつ たんぱく」に関する最新情報です。

    株式会社やる気が運営する焼肉のファストカジュアルチェーン『カルビ丼とスン豆腐専門店 韓丼』では、2024年3月1日から5月20日までの期間限定で「博多もつ鍋スン豆腐」が発売されます。このメニューは、自家製のうま塩韓国味噌を使用した濃厚スープに、牛もつや豆腐が入っており、コラーゲンやビタミンが豊富で高たんぱく、低カロリーな食材です。また、博多もつ鍋ラーメンスン豆腐も販売されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000050301.html

  12. buchikuma-info より:

    「toffy toffy スープ シェーカー」に関する最新情報です。

    ラドンナは、「Toffy(トフィー)」ブランドから、2月14日に「Toffy 電動ドリンクシェーカー K-DK1」を発売する。この電動シェーカーは、スープやプロテインの粉がダマになりにくく、乾電池で駆動する。スイッチを入れると「トルネード撹拌」が開始され、溶けにくい粉末も簡単に混ぜることができる。また、大きな音もしないため、トレーニングジムなど外出先での使用もおすすめ。容量は365mlで、軽量かつコンパクトなサイズで携帯や保管にも便利。ボトルは水洗いできるため手入れも簡単。価格は2,420円で、電源には単四形アルカリ乾電池2本が必要(別売)。

    https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1568421.html

  13. buchikuma-info より:

    「離乳食 小分け サイズ」に関する最新情報です。

    オイシックス・ラ・大地株式会社は、離乳食サブスクリプションサービス「離乳食コース」で、常温で小分けサイズの離乳食「国産野菜ペースト4種セット」の販売を開始する。これまで冷凍の商品のみだったが、外出先でも食べさせたいという声に応えて開発された。安心安全基準にかなう国産食材を使用し、お子さまの食べやすさにこだわった商品で、スプーンに出してそのまま提供可能。月齢5〜6ヶ月から利用可能で、にんじん、さつまいも、かぼちゃ、小松菜とじゃがいもの4種のペーストが10gずつパックになって3個ずつ、計12個が1セットとなっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000846.000008895.html

  14. buchikuma-info より:

    「スープ 冷たい とうもろこし」に関する最新情報です。

    ビストロ倶楽部は、2024年2月8日に冷たいとうもろこしのスープと冷たいトマトのスープを発売しました。冷たいとうもろこしのスープは、北海道産生クリームを使用してまろやかな味わいに仕上げられており、スーパースイートコーンの食感も楽しめます。冷たいトマトのスープは、完熟トマトの酸味とあめ色玉ねぎのコク深さがバランスよく調和しています。どちらのスープも冷やして食べることはもちろん、そのままでも美味しくいただけます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000054430.html

  15. buchikuma-info より:

    「スープ スープ 加わる スープストック」に関する最新情報です。

    「Soup Stock Tokyo」という店舗が、食べるスープを提供することをコンセプトにしています。1999年に1号店をオープンし、現在は国内に54店舗を展開しています。このようなスープストックの成功は、食の欧米化に伴い、スープが料理の主役として注目されるようになったことによるものです。

    https://toyokeizai.net/articles/-/728976?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  16. buchikuma-info より:

    「スープ レタス なす」に関する最新情報です。

    キッコーマン食品株式会社は、「豚バラなすの黒ごま担々スープ」と「鶏とレタスの牛だし旨スープ」を新発売しました。これらのスープは、「うちのごはん スープおかずの素」というシリーズのアイテムであり、肉や野菜を煮込んで作ることができます。暑い時期にはスープやみそ汁、そうめんや冷しゃぶなどが人気であり、新発売のスープおかずの素は、短時間で主菜や汁物を作ることができ、ごはんとの相性も良いです。具材としては、豚バラ肉やなす、黒ごまが使われており、スパイシーでピリ辛な味わいに仕上げられています。また、鶏やレタス、牛テールなども使用されており、コクのある味わいが特徴です。これらのスープは、2024年1月15日に全国で新発売されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000114133.html

  17. buchikuma-info より:

    「スープ シェフ モード」に関する最新情報です。

    沖縄の美味しいスープ料理についての記事です。地産地消を取り入れ、フードロス削減にも取り組んでいます。シェフが工夫を凝らした一皿のスープ料理が紹介されており、見た目も美しいです。冬から春にかけての期間限定で提供されており、地元の食材を活かしたスペシャルティ料理を楽しむことができます。また、大宜味村のカラキシナモンを使ったブランマンジェフルーツミネストローネもおすすめです。SDGsに取り組んだホテルで提供されており、地産地消やフードマイレージの取り組みも紹介されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000781.000024632.html

  18. buchikuma-info より:

    「better called called ibogaine」に関する最新情報です。

    タイトル: 彼らはPTSDを患っていた。イボガインという幻覚剤が彼らを改善させた
    ヘッダー: 彼らはPTSDを患っていた。イボガインという幻覚剤が彼らを改善させた、あなたも興味があるかもしれません…
    トピック1:
    トピックキーワード: 改善 イボガイン 幻覚剤
    トップ段落:
    エンティティ: 5, 2024 5:00 AM 彼らはPTSDを患っていた。イボガインという幻覚剤が彼らを改善させた。イボガインと南アメリカ。彼はすぐに診断されたが、彼らはしなかった。彼はアーミーで20年間勤務した後、退役軍人がテキサスメキシコを探索するための一部になるために参加した。アフリカのイボガの木の根の樹皮から作られたイボガインは、アフリカの精神的な儀式や癒しの儀式で使用されています。イボガインはHudak氏を含む30人の重度の精神症状を抱える退役軍人の一人であり、治療後に彼らはPTSDの症状が減少し、研究誌Nature Medicineに掲載されました。彼は頭の中にこれらの声があったが、イボガインを服用することでそれらの余計な声を取り除くことができたと

    https://www.wired.com/story/they-had-ptsd-a-psychedelic-called-ibogaine-helped-them-get-better/

  19. buchikuma-info より:

    「しみこむ しみこむ スープ スープ」に関する最新情報です。

    料理研究家の角田真秀さんによる「しみこむスープ」の簡単レシピが紹介されています。このレシピでは、食材の旨みを最大限に生かすために、コンテンツブロックを活用しています。また、ハーブティーも使ってスープの風味を引き立てる方法も紹介されています。料理はマイペースで楽しむことが大切とされています。

    https://toyokeizai.net/articles/-/722264?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  20. buchikuma-info より:

    「くん アイアイ くれ」に関する最新情報です。

    わかさ生活公式キャラクターのブルブルくんとアイアイちゃんのグッズがオンラインクレーンゲームのぽちくれに登場しました。可愛らしいフォルムのぬいぐるみやマスコットキーホルダーなどが手に入ります。ブルブルくんは2006年に誕生し、北欧のブルーベリーの森出身で関西弁を話します。一方、アイアイちゃんは北欧のサンタの森出身で標準語を話します。ぽちくれはオンラインクレーンゲームで、リアルタイムで遠隔操作できます。わかさ生活の公式キャラクターのグッズを獲得することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000130.000010096.html

  21. buchikuma-info より:

    「スープ はるさめ ヘムルタン」に関する最新情報です。

    エースコック株式会社は、スープはるさめNEWSTARヘムルタン風を新発売しました。この新商品は、韓国のヘムルタン(海鮮鍋)の風味を楽しむことができます。スープはるさめNEWSTARヘムルタン風は、唐辛子の辛さと海鮮の旨みが溶け込んだスープで、2024年1月8日に全国で発売されました。価格は192円(税抜き)です。この商品は、若年層を中心に話題となっており、韓国のグルメトレンドに注目しています。スープはるさめNEWSTARヘムルタン風は、ホタテやエビなどの魚介ベースのスープに、唐辛子やコチュジャンなどを加えて辛さを引き立てています。また、スープにはわかめや魚肉練り製品、ねぎなどの具材も入っており、食感や風味を楽しむことができます。パッケージには燃えたぎる炎や唐辛子の着ぐるみが描かれており、遊び心も感じられます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001755.000000304.html

  22. buchikuma-info より:

    「冷凍 大根 保存」に関する最新情報です。

    大根を冷凍保存することで、ムダなく使い切ることができるだけでなく、味もしみ込んで美味しくなることが分かりました。冷凍大根を使った大量消費レシピも紹介されており、とても便利です。冷凍保存方法や使い方について詳しく解説されています。冷凍味噌汁用や煮物、おでんなどには輪切りで使い、下味をつけた冷凍ドレッシングやおろし大根もおすすめです。冷凍する際はラップで包んで袋に入れて冷凍庫に保存し、2〜3週間程度保存できます。冷凍大根を使ったサラダや漬物なども楽しめます。おろし大根はすりおろして保存袋に入れて冷凍庫に保存し、3週間程度使用できます。大根の冷凍保存は、効率的に使い切るためにも便利な方法です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_657e7b75e4b08e9b410aa1a5

  23. buchikuma-info より:

    「復讐 香港 better」に関する最新情報です。

    『Better Than Dead』は、香港を舞台にした復讐ボディカメラ視点のFPSゲームです。リアルなグラフィックが特徴で、プレイヤーは香港の街で銃撃戦を繰り広げながら復讐の物語を進めていきます。ゲームは暗く残酷な世界観を描き、主人公の使命や過去の恨みなどが物語に絡んでいます。プレイヤーはボディカメラの視点でプレイし、リアルな戦闘や戦略的な決断を求められます。ゲームはUnreal Engine 5を使用しており、香港の街並みや建物のディテールがリアルに再現されています。

    https://automaton-media.com/articles/newsjp/20231215-276274/

  24. buchikuma-info より:

    「スープ ブランド ロス」に関する最新情報です。

    国産牛骨と鶏もみじを使用した真っ白なスープ「ボーンブロス」の新ブランド「Rich Soup」が誕生しました。このスープはNYのセレブたちにも愛飲されており、「飲む美容液」とも称されています。Rich Soupは株式会社黒5が展開しており、2023年12月11日に東京の池袋、新宿、沖縄那覇、焼肉黒5の4店舗で販売が開始されました。このスープは牛骨と鶏もみじを圧力鍋で炊き出し、骨から溶け出す栄養や旨味を凝縮させています。Rich Soupは「飲む美容液」として注目を集めており、アスリートやモデル、セレブたちにも人気です。また、レトルト加工された商品もあり、常温で長期保存が可能です。焼肉黒5では、美味しいスープを提供するために試行錯誤を重ね、圧力鍋で炊いた牛骨と鶏もみじのスープを提供しています。このスープは美味しさと栄養を兼ね備えており、多くの人々に愛されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000123607.html

  25. buchikuma-info より:

    「小松菜 保存 冷凍」に関する最新情報です。

    小松菜は生のまま冷凍保存することがおいしく調理するコツだということが分析データからわかりました。小松菜は緑黄色野菜であり、βカロテン、ビタミンK、ビタミンB群、鉄、カルシウムなどの栄養素を豊富に含んでいます。冷凍保存することで、栄養素が保たれ、食卓に彩りを添えることができます。冷凍保存する際には、茹でてから冷凍するか、洗って水気を切って適当な長さに切って保存袋に入れて冷凍する方法がオススメです。冷凍保存することで、調理の時短にもなります。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65765957e4b0fca7ad2134f5

  26. buchikuma-info より:

    「grocery food food waste」に関する最新情報です。

    フランスの新興企業であるIdaは、AIを活用して食料品の廃棄を防ぐ取り組みを行っています。Idaは、スーパーマーケットや食品店と協力し、新たな注文の最適化を図ることで、食品の無駄を減らすことを目指しています。彼らは最近、Frst、Daphni、Motier Ventures、Kima Venturesから290万ドルの資金を調達しました。スーパーマーケットは、注文シートに頼っており、多くの列が再注文スケジュールを表していますが、これはエラーのもととなり、食品の廃棄や不足を引き起こす可能性があります。Idaの取り組みにより、スーパーマーケットは損失を減らし、収益を最大化することができます。

    https://techcrunch.com/2023/11/16/ida-uses-ai-to-prevent-grocery-food-waste/

  27. buchikuma-info より:

    「サムゲタン サムゲタン スープ スープ」に関する最新情報です。

    この記事は、炊飯器を使って簡単に作れる「サムゲタン」風スープのレシピを紹介しています。DAIGOさんが台所で作っている様子も掲載されています。記事の中では、材料や手順が詳しく説明されており、具体的な分量や調理方法も紹介されています。また、DAIGOさんの感想も掲載されており、炊飯器を使ったサムゲタンの仕上がりが本格的でおいしいと評価されています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_653e0166e4b0ae2dc0b3d539

タイトルとURLをコピーしました