筆者についてもっと知りたい!

ADHDの治療薬について

ADHDの治療薬について内服・副作用

ADHD処方薬のそれぞれの特徴と比較

ADHDを治療するため、2年近く内服を続けてみましたので、そろそろADHDの薬についての情報をまとめてみたいと思います。

3種類ADHD治療薬

  • コンサータ
  • ストラテラ
  • インチュニブ

特徴を比較する

説明/薬剤名

コンサータ

ストラテラ

インチュニブ

用法

11回(朝)

12回(朝・夕)

11

用量(初回)

18mg

40mg0.5mg/kg)

1mg

(大人の限界量)

72mg

120mg

6mg

(子供の限界量)

54mg

1.8mg/kg

体重に応じる

効果発現時期

内服後すぐに感じる場合も(早い)

1~2ヶ月程度(遅い)

1~2週間

持続期間

10~12時間

1

1

副作用

食欲低下

体重減少

入眠困難

チック増悪

日中の眠気

倦怠感

嘔気

頭痛

血圧低下

眠気

薬価

337.8円(18mg)

461円(40mg

407円(1mg

ジェネリック

あり(アトモキセチンカプセル[サワイ])

ADHDの薬の使い分け方

コンサータについて

記事執筆中

ストラテラについて

飲み始め時期の副作用

ストラテラを飲んで2〜3週間の感想・副作用など【ADHD】

ストラテラを飲んで2〜3週間の感想・副作用など【ADHD】
ストラテラ内服を初めて約1ヶ月程度、維持料の80mgにも慣れてきました。今回はストラテラの一般的な知識から、私が感じた効果・副作用から飲みごこちの話など。ADHDについてのぼやきも少々。

限界量に挑戦

ストラテラ120mgは本当に大丈夫かどうか体験談を語ります

ストラテラ120mgは本当に大丈夫かどうか体験談を語ります
ストラテラが120mgと維持量の上限値になりましたので副作用と効果について書きます。限界量を試すことは薬剤調整上有意義なことですが、心理面としては金もかかるし不安な気持ちはある。効果は「時間がゆったりとした」ということと、話が聞きやすくなったこと。副作用は中途覚醒と浅い眠りがつらいのでやめてしまう人も多そうだ

インチュニブについて

記事執筆中

内服・副作用

コンサータも併用することになった時の注意点

ストラテラに加えてコンサータまで内服することになったので諸注意や感想なんかをまとめてみました。コンサータの方がはっきりとした効果を実感しやすく「薬が抜ける」感じがあります。睡眠に影響するので内服時間は大事です。
2019.12.04
内服・副作用

インチュニブが成人にも適応になったのでメリットあるか調査

インチュニブが成人適応になったと聞きましたので、まずは基本的な情報をまとめた上で、大人が内服するメリットやデメリットについてまとめてみました。
内服・副作用

ADHDの治療で漢方薬が処方された時の解釈

ADHDで通院しているのに漢方薬が処方されて「ヤブ医者だ」と思った時に読む記事です。精神科でも漢方薬が使用されることが多く、上手に取り入れることで生活はしやすくなります。
内服・副作用

ストラテラ120mgは本当に大丈夫かどうか体験談を語ります

ストラテラが120mgと維持量の上限値になりましたので副作用と効果について書きます。限界量を試すことは薬剤調整上有意義なことですが、心理面としては金もかかるし不安な気持ちはある。効果は「時間がゆったりとした」ということと、話が聞きやすくなったこと。副作用は中途覚醒と浅い眠りがつらいのでやめてしまう人も多そうだ
内服・副作用

ADHDはリマインダーをうまく使って薬の飲み忘れを減らそう!

うっかり忘れの多いADHDが安定して内服を続けることができる、内服忘れのない生活習慣を作るために「リマインダー」の利用をおすすめします。特に、iPhone標準アプリであれば家族との共有も可能なので、周囲の協力を得ながら内服継続がしやすくなり、内服忘れせずに過ごせてます。
内服・副作用

ストラテラを飲んで2〜3週間の感想・副作用など【ADHD】

ストラテラ内服を初めて約1ヶ月程度、維持料の80mgにも慣れてきました。今回はストラテラの一般的な知識から、私が感じた効果・副作用から飲みごこちの話など。ADHDについてのぼやきも少々。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました