PR

勉強しない親が子供に学習の大切さを説くためにやるべきこと

アフィリエイト記事のようなタイトルをつけてみました。

「親の価値観を押し売りするな」的な記事を書いているのですが、その中で、親が勉強しないのに子供に勉強させようとする矛盾を解説しました。

ぶっさん
ぶっさん

ですが現実問題、親が勉強している時間はなく、とはいえ子供には勉強させたい場面はあると思います。

このページでは、「本当は親が勉強する姿を見せてから子供に勉強の必要性を伝えたいけど、できればこちらはノーリスクで子供に勉強させたい」という方のための情報になります。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

ベストは親が実践して示すことです。これ以上の説得力はありません。そんなことは知っています。とはいえ、それができないから、検索した情報だけでなんとかやり過ごそうというあなたをひたすら応援していきます。

スポンサーリンク

勉強の必要性を理解させる

おそらく、親自体も根本的に勉強の必要性を理解していないから勉強したくないんですけど、勉強っていうのは大事なことです。少なくとも、そう信じる風習があるから、子供に勉強させたいわけです。

では、そもそもどうして勉強しなければいけないのか。

勉強をさせるための言い訳に過ぎない「勉学の必要性」

  • いい大学に入るため
  • 苦労をしないため
  • 仕事をするため
  • 給料を上げるため
  • 資格を手に入れるため

まず、パッと思いつく勉強の理由って、大体上記のことだと思います。しかも、統一して言えるのは、「将来、安定するため」です。

「受験勉強」至上主義はもう古い

ただ残念なことに、これは「学歴社会」「終身雇用」という価値観のもとで成り立っていた方程式。2021年現在は、学歴があっても雇用はされず、雇用自体のリスクが高い上に、雇用されても契約内容次第では「生活できる収入となるかは保証されない」という時代になっています。

安定のためには「いつでも転職できる」キャリアを積みながら、「副業」で雇用に対するリスクヘッジを図らないと継続して仕事を続けることは困難。

ジョブ型と言われる雇用契約を結ぶために、「何ができるか?」を問われ、学歴・資格では何も保証されず、「実績」「成果」が重視されます。

まず、私たちは「勉強」に対して「将来役立つ」という神話を持っています。そして、将来役立つことを知りながら、我々大人たちは勉強しないでどうやってやり過ごそうかを考えています。実際、矛盾しているわけですが、まず上記の理由がそもそも間違っています。

勉強が受験テクニックと混同されやすい話

親、というか私の親世代から我々世代にかけての勉強が「暗記トレーニング」になっていて、時代錯誤だから気をつけようみたいな記事に分割しました。要点だけ書いておきます。

  • 大人の勉強の価値観は古い
  • 暗記だけの勉強は「コンピュータ」に勝てない
  • 学歴は評価されず成果主義となった時に何ができるか
  • 同世代と戦うのではなく、全年代・世界中の人と協働できるか
親がいう「勉強」が「受験テクニックのトレーニング」という話
育児に悩んだ私が、勉強について子供に語る際に注意していることなどをまとめています。このページ内では、そもそも勉強の何たるかも知らずに、自身が後悔したというだけで子供に勉強を強いることってどうなんだ、という意見を発展させて考えていきます。

ここまでの「勉強」ポイント

  • 受験がそもそも親の知るものではなくなってきている
  • これからの時代を生きていくには変化に耐えうる力が必要
  • 試験・評価方法は、学習の変化に伴い、この先10年間で大きく変化する
  • 「勉強の仕方」を学んでおくだけでも将来の役に立つ可能性が高い
  • 自分で学ぶ」ことと、「世界各国老若男女誰とでも協力できる」ことが目標
きつね
きつね

こうなると、入学試験も最終的に「グループディスカッション」での発言や態度などをみる方向性にシフトしそうですね。

ぶっさん
ぶっさん

英語でディベートしたり、開発したアプリなんかを提出して評価に加える、なんて新しい加点方式も生まれるかもね。

多様性が認められると、一律の試験という形ではなく、自分で試験方法を選んで評価してもらう仕組みができたり、フェアな採点であるかをオープンにして外部評価に委ねる、なんてこともありそうです。

例えば、グループディスカッションとなると、視覚・聴覚の障害や、コミュニケーションが苦手な子だと「意見があってもその時には言えない」ということになる。もちろん、それも含めての試験・評価と言って仕舞えばそれまでだけど、高校・大学で学ぶべき人は、将来の社会で必要な人材を育てることに繋がる。

学力に差はあるかもしれなけれど、社会が必要としているのは、学力だけじゃない。ハンディキャップがある人は、同じような体験をするであろう人のためにできることを探して改善すれば、社会はもっと暮らしやすくなる。

発達障害なども、人と視点が違えば「独創性」として認められて、得意な仕事で活躍できるようになる。そのためには、やはり独創性を磨くための教育は必要になる。

「活用の幅を広げる」ことも教育の役割であるとすれば、さまざまな入学枠を用意して、いろいろな意見を出しあえる学びの場とすることも大事だと言えそうです。

スポンサーリンク

仕事のために勉強は必要なのか

さて、ここからは我々親の方が耳の痛い話になりますが、もちろん、大人になっても勉強や、勉強によって得た知識は必要になります。

勉強するために勉強が必要になる

経歴は省略しますが、私は看護師になるために小学校から通算すると20年弱学校に通っていた、いわばセミプロの学生です。試験勉強をいかに手を抜いて乗り越えるかなんかは右に出るものはいないと自負しております。

この経歴自体が、看護師になるところまでを考えると無駄の極みなのですが、勉強は将来の勉強をラクにする作用があります。

例えば大卒に看護師国家資格はヌルゲーという話

看護師の方は気分悪くされるかもしれませんが、看護師の国家試験は簡単です。90%が合格する試験で、しかも受験生の6割弱は専門課程を卒業した非大学生、つまり専門学校生か高校生です。落とす名目で作られている試験ではないのです。

ぶっさん
ぶっさん

センター試験で6割取れるくらいの偏差値55〜60くらいの大学生なら、最悪勉強しなくても基礎知識と試験回答テクニックだけで合格できます。(もちろん、落ちる可能性もあります)

ヨメちゃん
ヨメちゃん

ちゃんと文章を読んで「明らかに違う」ものを消せば、選択肢は2~3個に絞れるから、何も知識がなくても3回に1回くらいは受かるよね。人生かかってるから、確率を上げるために勉強するけど。

実際、偏差値の高い看護大学とか通っていた子は「試験勉強自体はほとんどしなかった」という話は割と聞きます。

ぶっさん
ぶっさん

看護師の場合は、国家試験よりもむしろ「実習」という魔の巣窟から生還できるかどうかが重要なので、実質、ここで足切りできているというのもあるとは思いますが。

ただ、偏差値55〜60を安定して取れる学力は、一朝一夕じゃ身につきません。

しかも、受験テクニックで試験問題を解くだけの知識を詰め込んだ人と、シンプルに読書などが好きで自然と雑学身につけているような生粋の勉強家とでは、試験の点数以上に学力の基礎部分・知識の土台となるものが違います。

読書スピードの話

わかりやすい例で言うと、しっかりと勉強している人と、普段勉強しない人の違いは「読書スピード」に表れます。

一冊の参考書を読むと仮定します。看護師が理解するレベルの軽めの医学書くらいを読むことにします。仮に読むスピード(脳内での文章再生スピード)自体は一緒だとしても、基礎知識があれば不要なところは読み飛ばすことができる上に、読み終えた後の理解度にも差がつきます。

読めない理由は「知らないことが多い」から

まず、軽めとはいえ、知らない言葉が出てくれば一気に理解度は下がります。

知らない言葉が出るたびに辞書を引く真面目なタイプは勉強しない人ではないと思いますが、資格の取得などで必要なことなら調べる必要があるとします。

さらに、参考書とはいえ、小学校・中学校くらいで学ぶような常識的な生物の知識などは「知っている」と想定して解説が進められます。ここで理解できていないと、本当に理解するためには小中学校の教科書から読み直す必要が出ています。

理解するよりも「覚えること」で解決しようとする

おそらく、この時点で勉強していない人は参考書を置いて「資格試験攻略法」を読んで、過去問を解きながら暗記に走ってトレーニングすると思います。

この暗記は知識としては定着しないので、資格は取れても知識はないことになります。医療系の資格の場合は、結局、資格よりも実務で利用可能な知識の方が問われるので、仕事などの実践的な場面では結局使えないことになります。このトレーニングの時間全てが無駄に終わると言うわけです。

これが、ある程度知識を蓄えている人だと、勉強していない人のつまずきはないことになります。これだけで大きな無駄のリスク回避。でも、本題はここではありません。

知っていれば「読む必要」すらない

参考書などを読んでいても、知識があれば理解も早く、場合によってはすでに知っていることなら読み飛ばすこともできます。

私は普通の大学だったので、看護師になる際には「医学系」の知識を身につける必要はありましたが、生物を学んでいればある程度知っていることも多く、さらに英語のおかげで「横文字」は語源を調べれば頭に入りやすい=覚えやすかった。

ぶっさん
ぶっさん

看護師の試験くらいなら、ADHD得意の「上の空で授業を聞いている」だけでテストは切り抜けられました。

読書慣れしてくれば、他の人が手に取らないような、いわゆる「分厚い本」なんかも抵抗なく手に取れます。なぜかと言えば、分厚くても実際に必要とする「新しい知識」となる部分を探すだけの作業なので、全部を読む必要はないからです。

ぶっさん
ぶっさん

「分厚い本」の知識は、他の人が読まないから知識の差別化がはかれるし、読んでいるだけで頭良さそうに見えるから得するよね。

きつね
きつね

雑誌などは、大体同じような話をローテーションで特集しているだけなので、読むべきものはほとんどないんですよね。育児雑誌を数冊読めば、ほとんど似たような話をしているだけであることに気がつきます。

テクニックとして「速読」などもありますが、今回は読書スキルではなく、あくまでも「知識を得るための読書」についての話です。

このように、「勉強してきた人」と「勉強していない人」だけで、どんどん差がついていくことがわかればいいと思います。親が漠然と「勉強しろ」というのではなく、「勉強しないとこうなるよ」という例として説明できると、子供への響き方も違うんじゃないかな、と思います。

勉強と、仕事とお金の関係性

子供に勉強しろという時に、「将来困るから」という理由づけをしますが、具体性に乏しく子供が将来像を描けるようなヒントが何もありません。

こちらの情報も少し多くなりすぎたので、勉強と「仕事」「お金」の関係という記事に移動して要点だけ抜粋します。

子供に話したい、勉強と仕事とお金の話
子供の将来のことを考えて、少しでもいい方向に導こうと「勉強」の重要性を問いたりするわけですが、社会のことを知らないのは親の方だったりします。このページでは勉強したらいい仕事につける、給料が良くなるなどの神話を信じる親が、子供の説得のために必要な情報などを収集しております。

勉強と仕事の話

  • 将来のプランを立てる練習をしてみる
  • プランの遂行には必ず勉強が立ちはだかることを知る
  • 公務員になる場合は親がビジョンを明確にする

勉強とお金の話

  • 勉強をすると収入が増える、は本当っちゃ本当
  • 勉強をすると収入を増やす方法が増える・工夫ができる
  • 受験勉強にはお金と時間がかかる
  • 勉強費用は親も覚悟する
こどもがお金を稼ぐ

勉強ついでに、お金を稼ぐためには学ぶことって重要だよね、という記事も書きました。

子供と一緒にお金を稼ぐ方法「あくまでも勉強の一環」
子供を使って金稼ぎをするのではなく、お金を稼ぐためには勉強が必要なんだよ、という話をしています。便宜上、未成年でも稼げる仕事は探してみました。
スポンサーリンク

結局、勉強ってなんのためにやるのか

さて、親が勉強しないでなんとか子供に言い聞かせようという方針で始めたものの、どう伝えるにしてもやっぱり親側にも勉強の基礎知識がないと「説得できるだけの材料」を示すことができないんじゃないかと心配になってきました。

子供に聞かれたらこう答えればいい「勉強の必要性」

あくまでも、親が勉強していないという前提です。

  • 親自身にも、この先の世の中がどうなっていくかはわからない
  • どう変わるとしても、対応する力・知識が必要になる
  • 知識を得るためには、基礎的な知識がまず必要になる
  • 知りたいことはインターネットで簡単に調べられるけど、簡単に調べられる情報はみんなが持っていて価値は薄い
  • 情報を正しく読み解き、損をしないで得をするためには振り回されないだけの知識・勉強が必要
  • やりたいことがあればそのために。やりたいことがなければやりたいことを見つけるために。そして、やりたいことに飛び込むその時のために。勉強は、高くジャンプするための準備。

うっすら感じていらっしゃるかとは思いますが、結局のところ、実践をしていない奴に何言われても薄っぺらく感じるものです。自分で書いていても苦しいです。

ぶっさん
ぶっさん

やっぱり、子供に言うからには、自分も普段から勉強しないとダメですね。

勉強しないデメリットを端的に伝える

  • 人生の選択肢が狭まる(選べなくなる職業を列挙する)
  • 生涯賃金の格差を伝える
  • 自営業(後継あとつぎ系でも)稼ぐ手法が限られる
  • 勉強のための勉強が必要になる(知らないこと以上のことを知ることはできない)
  • 本が読めない(情報収集方法が限られる)
  • 想像力の限界は「言語」(言葉を知らないと発想にも影響する)

勉強が必要になる職業例

まず、そもそも今の職業が残っているかどうかが問題にはなるのですが、AIに奪われる職業は死ぬほど引用しているのでここでは割愛します。

AIに奪われにくい仕事
学問・芸術関連
  • 音楽教室講師
  • 学芸員
  • 学校カウンセラー
  • 教育カウンセラー
  • クラシック演奏家
  • 作詞家
  • 作曲家
  • 社会学研究者
  • 社会教育主事
  • 小学校教員
  • 心理学研究者
  • 人類学者
  • 声楽家
  • 大学・短期大学教員
  • 中学校教員
  • 日本語教師
  • 保育士
  • 盲・ろう・養護学校教員
  • 幼稚園教員
医療・福祉関連
  • 医療ソーシャルワーカー
  • ケアマネージャー
  • 外科医
  • 言語聴覚士
  • 作業療法士
  • 産婦人科医
  • 歯科医師
  • 社会福祉施設介護職員
  • 獣医師
  • 柔道整復師
  • 小児科医
  • 助産師
  • 精神科医
  • 内科医
  • はり師・きゅう師
  • 理学療法士
(医療以外の)専門職・資格関連
  • 犬訓練士
  • 国際協力専門家
  • 産業カウンセラー
  • 児童厚生員
  • 社会教育主事
  • 中小企業診断士
  • 美容師
  • 法務教官

(商業)クリエイティブ関連
  • アートディレクター
  • インテリアデザイナー
  • 映画カメラマン
  • 映画監督
  • グラフィックデザイナー
  • 芸能マネージャー
  • ゲームクリエーター
  • 工業デザイナー
  • 雑誌編集者
  • シナリオライター
  • ジュエリーデザイナー
  • 商業カメラマン
  • 商品開発部員
  • スポーツライター
  • ディスプレイデザイナー
  • テレビカメラマン
  • 図書編集者
  • ファッションデザイナー
  • フードコーディネーター
  • フラワーデザイナー
  • フリーライター
  • 舞台演出家
  • 舞台美術家
  • プロデューサー
  • 放送記者
  • 放送ディレクター
  • 報道カメラマン
  • マンガ家
  • ミュージシャン
  • レコードプロデューサー
  • 録音エンジニア
対人・営業・経営関連
  • アウトドアインストラクター
  • アナウンサー
  • インテリアコーディネーター
  • エコノミスト
  • 観光バスガイド
  • 経営コンサルタント
  • 広告ディレクター
  • コピーライター
  • スタイリスト
  • スポーツインストラクター
  • ツアーコンダクター
  • ディスクジョッキー
  • テレビタレント
  • ネイル・アーティスト
  • バーテンダー
  • 俳優
  • 評論家
  • ペンション経営者
  • マーケティング・リサーチャー
  • メイクアップアーティスト
  • 料理研究家
  • 旅行会社カウンター係
  • レストラン支配人
  • ソムリエ
  • アロマセラピスト

『日本の労働人口の 49%が人工知能やロボット等で代替可能に~ 601 種の職業ごとに、コンピューター技術による代替確率を試算 ~』/2015年12月2日/株式会社野村総合研究所

今の職業でAIに奪われにくい職業をざっと上げてみました。分類は私が独断でやりました。基本的には、需要の変化が少ない「教育」「資格職」と、商業的な意味合いの強い「ものを作る」「人と接する」で分けています。

AIに奪われないのは「創る」か「接する」スキル

まず、大学卒業以上の専門性があるのは大前提として資格が必要なものが大多数。専門学校卒業でも取得できる資格の場合でも、対象の産業によっては現在とは仕事のあり方は異なるかもしれないものもちらほら。

「コミュニケーション」と「クリエイティビティ」がなければAIに仕事を奪われるというのは多く語られるところですが、一部の業務だけではなく、複合的・総合的に取り組む課題なんかも人間がやるべき仕事と考えられています。

資格が必要な時点で勉強しない道はないのですが、それでも勉強したくない場合には「どんな能力が必要か」を考えさせてみるといいと思います。

将来必要になるスキル例

オックスフォード大学の「2030年に必要とされるスキル」という論文に、少し面白そうなデータがありましたので、サクッと抜粋しておきます。

  • 1位: 戦略的学習力(Learning Strategies) ※スキル
  • 2位: 心理学(Psychology) ※知識
  • 3位: 指導力(Instructing)  ※スキル
  • 4位: 社会的洞察力(Social Perceptiveness)  ※スキル
  • 5位: 社会学・人類学(Sociology and Anthropology)  ※知識
  • 6位: 教育学(Education and Training)  ※知識
  • 7位: 協調性(Coordination)  ※スキル
  • 8位: 独創性(Originality)  ※能力
  • 9位: 発想の豊かさ(Fluency of Ideas) ※能力
  • 10位: アクティブラーニング(Active Learning)  ※スキル
  • 11位: 心理療法・カウンセリング(Therapy and Counseling)  ※知識
  • 12位: 哲学・神学(Philosophy and Theology)  ※知識
  • 13位: 伝達力(Speaking)  ※スキル
  • 14位: サービス志向(Service Orientation)  ※スキル
  • 15位: アクティブリスニング(Active Listening)  ※スキル
  • 16位: 高度な問題解決力(Complex Problem Solving)  ※スキル
  • 17位: オーラルエクスプレッション(Oral Expression) ※能力
  • 18位: コミュニケーション学・メディア学(Communications and Media)  ※知識
  • 19位: 活舌(Speech Clarity)  ※能力
  • 20位: 判断力・意思決定力(Judgment and Decision Making)  ※スキル

読んでもよくわからないスキルや知識が多いと思います。この「あやふや」なスキルこそ、今後必要になるものなのです。

第一に「学習力」が出てきており、もう大人になっても勉強は確定みたいなニュアンスは伝わるかと思います。ちなみに、半分以上は、私の苦手な「コミュニケーション」に関わるものなのですが、ここに苦手意識があると2030年はかなりしんどそうです。

ぶっさん
ぶっさん

私の場合、対面での「即時的対応」が苦手なので、文章で落ち着いて「考えて」会話できる場面は対応できます。得意な形に持ち込めるかどうかも、結局、自分のスキル次第になるわけですが。

そもそも、なぜ、そこまで勉強したくないのか

最後に、根本的に、なぜ「子供」は勉強したくないのでしょうか。この理由を、一度しっかりと向き合ってみるといいと思います。

長くなったので別記事としてまとめますが、親が勉強していないから、という以外にも理由がある場合には、勉強を無理強いすることがその子の将来の可能性を大きく狭めることになるかもしれません。

勉強ではなく、考える機会を増やそう

散々AIの話をしたのでついでに補足すると、親が考えている「勉強」は、受験・資格勉強だったりするのですが、この上部だけの知識の場合は、それこそAIに考えさせた方が圧倒的に早いし取得できる情報量も雲泥の差です。

むしろ、これから人間が必要とするのは、「私はなぜ学ぶのか」という根本的な問いだったり、あるいは「自分や他の人がよりよく暮らすためには、何をすべきか、そのために、なんの知識が必要になるか」を自分で考える力すら求められています。

長くなったので終わりにしますが、私たちの知っている「勉強」が通じなくなる日が、もうすぐそこまで来ているようです。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「こども 世界 世界 こども」に関する最新情報です。

    一般財団法人ピースコミュニケーション財団は、3月24日に「第4回国連を支える世界こども未来会議」を東京都庁で開催します。このイベントでは、9歳から12歳の世界の子どもたちが平和と気候変動についてディスカッションし、アイデアを発表します。参加者100名を募集中で、応募締め切りは3月8日です。過去には国内展開も行われ、代表者も参加する予定です。SDGsを軸にしたこのイベントは、子どもたちが集まり未来の平和について語り合う場として毎年開催されています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000138413.html

  2. buchikuma-info より:

    「こども expo こども ミライ」に関する最新情報です。

    3月2日に開催されるオンラインEXPO「こどものミライEXPO」では、荻野健太郎氏と鈴木正太氏による特別講演が行われます。荻野氏は「生きる力を引き出す」、鈴木氏は「こどもの才能を輝かす言葉」に焦点を当てます。イベントは無料でZoom参加が可能であり、子どもの未来を育むためのアイテムが紹介されます。また、フラスコオンラインEXPO®︎も紹介されており、全国から参加可能なオンラインマルシェが開催されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000240.000084907.html

  3. buchikuma-info より:

    「こども expo こども ミライ」に関する最新情報です。

    3月2日に開催されるオンラインEXPO「こどものミライEXPO」では、荻野健太郎氏と鈴木正太氏の特別講演が行われます。荻野氏は「生きる力をどんどん引き出す」について、鈴木氏は「こどもの才能を輝かす魔法の言葉」について講演します。イベントはZoomで無料参加可能であり、子どもの未来を育むための情報やアイテムが提供されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000240.000084907.html

  4. buchikuma-info より:

    「俳優 新田 さん付け」に関する最新情報です。

    新田真剣佑さんは、俳優として活躍する中で、父親である千葉真一さんを「千葉さん」と呼ぶ理由を語った。新田さんは幼少期から父親の作品を見ており、俳優としての難しさや偉大さを理解し、「さん付け」することに決めたと述べた。また、俳優を目指すきっかけとなった三浦春馬さんについても言及し、彼の作品を教科書のように観て真似をしていたことを明かした。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65d6b420e4b0b65d69219b0b

  5. buchikuma-info より:

    「こども 学生寮 食堂」に関する最新情報です。

    関西大学提携国際学生寮「KU I-House」では、2024年3月3日に『こども食堂 ピザづくり体験』イベントが開催されます。このイベントは、共立メンテナンスの活動の一環として、寮生が主体となって地域の子供たちと交流し、手作りの食事を楽しむ場を提供することを目的としています。ピザづくり体験やワークショップが行われ、共立メンテナンスが主催・運営し、関西大学や他企業が協賛しています。RAプログラムを通じて学生の心と健康のサポートに取り組んでおり、今後も寮生の生活を充実させる取り組みが展開される予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000237.000030012.html

  6. buchikuma-info より:

    「スキー こども こども 食堂」に関する最新情報です。

    2024年2月20日に開催された「こども食堂 スキー貸切バスツアー」のイベント報告が行われました。このイベントは、エキナカこども食堂が地域の子供たちに体験活動を提供することを目的として、HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場ファミリーパークで1泊2日のツアーが実施されました。参加者は33名で、関東自動車株式会社との協力のもと、スキー体験や室内プレイランドで楽しい時間を過ごしました。イベントの詳細や参加費などが報告されました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000459.000005736.html

  7. buchikuma-info より:

    「social fediverse magazines」に関する最新情報です。

    フリップボードは、分散型ソーシャルウェブであるMastodonやfediverseに1,000以上のソーシャルマガジンを導入した。これにより、フリップボードのキュレーターやパブリッシャーは新たな視聴者にアクセスすることができるようになった。このニュースは、フリップボードが昨年12月にfediverseとの統合を開始すると発表したことに続くものである。フリップボードによれば、12月からテストを開始したパブリッシャーによる1,000のマガジンに加えて、20の新しいパートナーも参加している。これらのマガジンはニュース、ライフスタイルコンテンツ、地域のジャーナリズムなど、さまざまなトピックをカバーしている。以前は、ユーザーはフリップボードのアプリ内でしかこれらのマガジンをフォローすることができなかったが、それぞれのマガジンには独自のActivityPubフィードがあり、Mastodonや他の分散型ソーシャルアプリのユーザーによって発見されることができるようになった。

    https://techcrunch.com/2024/02/13/flipboard-just-brought-over-1000-of-its-social-magazines-to-mastodon-and-the-fediverse/

  8. buchikuma-info より:

    「文庫 こども こども 総選挙」に関する最新情報です。

    角川つばさ文庫『四つ子ぐらし』が、第4回“こどもの本”総選挙で児童文庫第1位に選ばれました。このシリーズは関連シリーズ累計200万部目前であり、コミックス版も発売中です。最新刊の17巻は3月13日に発売されます。物語は、12歳の宮美三風が生き別れになった四つ子の姉妹と出会い、一軒家で四人だけで暮らすことから始まります。四人は姉妹との生活を通じて家族のあたたかさや信頼を得ることができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000014154.000007006.html

  9. buchikuma-info より:

    「こども こども 未来 基金」に関する最新情報です。

    鎌倉インターナショナルFCは、3月3日(日)にみんなの鳩サブレースタジアム及び湘南ヘルスイノベーションパークで「こども未来基金day」を開催することを発表しました。このイベントでは、「TEAM TALK in 湘南アイパーク」という選手参加イベントが行われます。参加希望者は事前に申し込む必要があります。イベントの詳細や日程については、公式ウェブサイトで確認することができます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000061950.html

  10. buchikuma-info より:

    「放送 ムーブメント こども」に関する最新情報です。

    伊集院光さんが「こどもスマイルムーブメント」のラジオCMに起用されることが発表されました。このムーブメントは、子供を大切にする社会の実現を目指し、企業やNPO、学校、地方自治体などと連携して子供の笑顔を増やすための様々な活動を展開しています。伊集院さんは、このムーブメントのアンバサダーとして、子供の笑顔あふれる社会の実現に向けたメッセージを発信します。ラジオCMは2024年2月1日から2月29日まで放送され、TBSラジオとニッポン放送で聴くことができます。伊集院光さんは、落語家として活動していた後、タレントとしても活躍し、ラジオ番組のパーソナリティとして人気を博しています。彼はまた、本の出版やテレビ番組への出演など、幅広く活動しています。彼は2021年8月に「こどもスマイルムーブメント」のアンバサダーに就任しました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004913.000052467.html

  11. buchikuma-info より:

    「こども coins こども 食事」に関する最新情報です。

    3COINSは、2024年1月29日から「こどもの食事を快適にする」シリーズを新発売しました。このシリーズには、こども用の食器や豆イスなどがラインナップされています。食器はピンクとブルーのかわいらしい色合いで展開されており、シリコーン素材で滑りにくく、お手入れも簡単です。また、高さ調整クッションやエプロンなども販売されています。

    https://puchipurabu.com/3coins-baby-tableware/

  12. buchikuma-info より:

    「ノミネート ゴズリング 監督」に関する最新情報です。

    映画『バービー』の監督賞と主演女優賞のノミネートを逃したことに対し、ライアン・ゴズリングが声明を発表しました。彼は、ガーウィグ監督とロビーさんが選ばれなかったことについて「残念という言葉では表現できない」と述べ、彼らの才能と貢献を称えました。また、ゴズリングは他の候補者や作品に関わったアーティストたちを評価し、彼らの功績が認められるべきだとも述べました。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/ryan-gosling-on-oscar-snubs_jp_65b04e27e4b0d65b024e63c9

  13. buchikuma-info より:

    「俳優 道長 柄本」に関する最新情報です。

    柄本佑は、日本の俳優であり、NHKの大河ドラマ『光る君へ』で藤原道長役を演じています。彼は実力派俳優として知られており、様々なドラマや映画で幅広い役柄に挑戦してきました。柄本は大河ドラマ『風林火山』や『いだてん~東京オリムピック噺~』にも出演しており、『光る君へ』では重要な役割を担っています。彼は1986年に東京で生まれ、現在37歳です。キャリア初期はインディーズ映画などで活躍し、近年は大規模な映画や地上波ドラマにも多数出演しています。柄本は俳優の両親のもとに生まれ、俳優の安藤サクラと結婚し、2017年に第1子が誕生しました。『光る君へ』では、藤原道長と紫式部という2人の関係が描かれており、彼らは幼い頃に出会い、のちに「源氏物語」の執筆をバックアップし、宮中への出仕を勧める関係です。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_65a62ab1e4b06444b223f5af

  14. buchikuma-info より:

    「こども こども まんなか まんなか」に関する最新情報です。

    千葉県市原市では、「こどもまんなか応援サポーター」として活動することが発表されました。この取り組みは、市原市が子どもたちの成長を支援するために実施しているものであり、2024年1月18日に就任が行われました。市原市は、子どもたちの成長を社会全体で支えるために、さまざまな取り組みを行っています。また、市原市では子どもたちの意見を反映させるための仕組みも整えており、市民や企業、団体などが自らアクションを起こし、子どもたちを応援する活動を行っています。さらに、市原市では子どもたちの未来を考えた計画や施策も進められており、子どもたちの意見を取り入れたアイデアBOXも設置されています。この取り組みは市民に広く周知され、子どもたちの成長を支えるための活動が行われる予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000127749.html

  15. buchikuma-info より:

    「こども こども 六法 六法」に関する最新情報です。

    子ども向けの法律書『こども六法 第2版』が3月7日に発売される。この本は法改正や新法に対応し、24ページ増えたリニューアル版となっている。『こども六法』は子どもたちが法律に関わることや自身の権利を知り、守るための社会ルールを楽しく学ぶための書籍であり、初版からロングセラーとなっている。第2版では、憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・少年法・いじめ防止対策推進法など、7つの法律が収録されており、2023年の法改正も反映されている。この本は子どもたちの生活に深く関わる法律をイラストと解説でわかりやすく紹介しており、子どもたちが法律の知識を身につけ、自身を守ることができるようになることを目指している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000014059.html

  16. buchikuma-info より:

    「イベント こども こども 食堂」に関する最新情報です。

    ビストロアジル蒲田店で12月24日と25日に感動こども食堂イベント「クリスマスイベント」が開催されます。イベントでは、50名のこどもたちに手作りの弁当やケーキが提供され、サンタクロースも登場します。このイベントは、感動こども食堂という団体が主催しており、こどもたちの食事支援や社会体験の機会を提供しています。また、感動こども食堂は寄付金や物資の分配、セミナーやイベントの企画運営なども行っており、こどもたちの成長をサポートしています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000127718.html

  17. buchikuma-info より:

    「2030 ビジョン ビジョン 2030」に関する最新情報です。

    CraifのCEOである小野瀬隆一氏が、医療分野関連の国内企業代表として「日・サウジ・ビジョン2030 ビジネスフォーラム」に出席しました。このフォーラムは、サウジアラビアの経済改革計画である「サウジ・ビジョン2030」を推進するために開催されたもので、日本とサウジアラビアの政府関係者やビジネス関係者が参加し、意見交換やビジネス展開について話し合いました。小野瀬氏は、医療分野の最先端技術やサービスに関する情報交換を行い、国内企業間の連携を促進することを目指して参加しました。また、サウジアラビアの経済改革計画による医療分野の発展やAIを活用した予防医療についてもテーマとして取り上げられました。このフォーラムには、日本の約50社の企業が参加し、サウジアラビアの現地企業とのビジネス展開を目指して意見交換を行いました。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000143.000041883.html

  18. buchikuma-info より:

    「こども 全国 プレジィール」に関する最新情報です。

    株式会社プレジィールは、こども家庭庁を通じて全国の子どもたちに特製ハンカチとお菓子を寄贈しました。寄贈数は13,800個で、クリスマスの日に行われました。この取り組みは、こどもの未来応援国民運動の一環であり、全国のフードバンク推進協議会や子ども貧困教育支援団体などと連携して行われました。また、特製ハンカチとお菓子の寄贈により、子どもたちの笑顔と夢を応援し、社会貢献を目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000039832.html

  19. buchikuma-info より:

    「avatar xpression xpression avatar」に関する最新情報です。

    「xpression avatar」というアプリは、アニメやCG風の「自分」を作成して動画制作ができるアプリです。このアプリでは生成AIを活用しており、顔や頭の動きに応じてリアルタイムの映像を作り出すことができます。また、このアプリはVTuber(バーチャルユーチューバー)の動画制作に特化しており、広告やスマートフォンアプリ、ライブ配信、ゲームなどの分野でのビジネス展開が想定されています。

    https://japan.cnet.com/article/35212680/

  20. buchikuma-info より:

    「看護師 15 伝える」に関する最新情報です。

    2023年12月15日、特別授業が行われ、高校生が小学生に看護師の魅力を伝えました。この授業は、看護師を目指す高校生が小学生に自分の夢や魅力を伝える機会を提供するものでした。この取り組みは、近隣の小学生に対して看護師の仕事に興味を持ってもらい、将来の選択肢の一つとして考えてもらうことを目的としています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiMGh0dHBzOi8vd3d3LmNoaWJhLXR2LmNvbS9wbHVzL2RldGFpbC8yMDIzMTI4OTU4NtIBNGh0dHBzOi8vd3d3LmNoaWJhLXR2LmNvbS9wbHVzL2RldGFpbC9hbXAvMjAyMzEyODk1ODY?oc=5

  21. buchikuma-info より:

    「こども 佐賀 表彰」に関する最新情報です。

    こども宅食応援団が、令和5年度の佐賀さいこう表彰(自発の地域づくり・協働部門)を受賞しました。この団体は、こどもたちに食事を提供する活動を通じて地域の課題解決に取り組んでおり、その成果が評価されました。こども宅食応援団は、こども宅食事業の普及活動や地域のニーズに即した事業の実施など、地域の実情に合わせた取り組みを行っています。また、団体は地域との連携を重視し、ネットワークの構築に貢献しています。この受賞により、こども宅食応援団の取り組みがさらに注目されることでしょう。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000057038.html

  22. buchikuma-info より:

    「press press ストレート straight」に関する最新情報です。

    「ストレートプレス」はトレンドニュースサイトであり、最新の情報を提供しています。最新の記事では、知育アプリ「すくすくプラス」に新しいモード「ぐんぐんチャレンジ」が登場し、子供たちが遊びながらテーマに沿って学ぶことができると紹介されています。また、個別に選んで遊ぶことができる「わくわくセレクト」も紹介されています。さらに、愛知県岡崎市にオープンした「うなぎ仙石亭岡崎店」や、栃木県旧河内町にある白沢宿の名残を感じる場所など、地域の情報も提供されています。また、ブックオフではワクチン支援のために不用品を送料無料で送ることができ、30品目以上が買取対象となっています。さらに、名古屋市にオープンした「ザ・アイランド」では、個性溢れるハワイアン料理を楽しむことができると紹介されています。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiKWh0dHBzOi8vc3RyYWlnaHRwcmVzcy5qcC8yMDIzMTIxMy8xMDM1MTIw0gEA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「こども 佐賀 表彰」に関する最新情報です。

    佐賀県で活動している「こども宅食応援団」が、令和5年度佐賀さいこう表彰(自発の地域づくり・協働部門)を受賞しました。この団体は、こどもたちに食事を提供する活動を行っており、地域の課題解決に取り組んでいます。受賞の理由としては、地域の成果や活動の下支えとなる取り組みが評価されました。また、こども宅食応援団は、地域の実情に即した事業を実施し、地域とのネットワーク構築に貢献しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000057038.html

  24. buchikuma-info より:

    「こども 活動 虐待」に関する最新情報です。

    オープンハウスグループの「こどもの明るい未来を創る会」は、児童虐待防止活動に賛同を継続しています。この活動は、児童相談所の業務支援や子どもの虐待防止活動を行っており、2023年12月13日時点での児童虐待相談対応件数は219,170件となっています。オープンハウスグループは、24時間体制の児童相談所や保育施設の職員不足を補い、深夜の見守りや警察OBの移送などの業務を手伝っています。今後も児童虐待の撲滅に向けて支援を続けていく予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000470.000024241.html

  25. buchikuma-info より:

    「イスラエル ロイター 記者」に関する最新情報です。

    イスラエル軍の攻撃によりロイター記者が死亡した事件が起きました。人権団体はこの攻撃を「意図的な戦争犯罪」と非難しています。ロイターのアブダラ記者は2023年7月4日にイスラエル軍による攻撃で亡くなりました。攻撃はイスラエルとハマスの戦闘の取材中に起き、アブダラ記者はイスラエルとレバノンの国境から約1キロ離れた場所で攻撃を受けました。イスラエル軍の戦車から発射された2発の砲弾が映像に映っており、アブダラ記者以外にも6人の記者が負傷しました。人権団体はこの事件について独立した調査を求めており、イスラエル軍に対して責任を取るよう要求しています。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/reuters-journalist-was-killed-by-israeli-tank_jp_6572bb89e4b001ec86a78951

  26. buchikuma-info より:

    「こども 名古屋市 めし」に関する最新情報です。

    名古屋市とNPO法人Kids Future Passportは、子どもの貧困対策に関する協定を締結しました。この協定により、次世代こども食堂「こどもごちめし」の利用が推進され、こどもたちの健やかな成長と街の飲食店への経済効果に貢献することが目指されています。この取り組みは、名古屋市とNPO法人Kids Future Passportの連携によって実現され、子どもたちの食事の機会が広がるとともに、地域の飲食店の活性化も図られる予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000124773.html

  27. buchikuma-info より:

    「にいがた にいがた マンガ マンガ」に関する最新情報です。

    第26回にいがたマンガ大賞の受賞作品が発表されました。受賞作品は「キュンタの海」で、作者はサキハネさんです。受賞作品は子どもたちに輝きを与える作品として選ばれました。受賞作品の発表は2024年2月24日に行われる予定です。

    https://www.niikei.jp/893413/

  28. buchikuma-info より:

    「ムーブメント こども こども スマイル」に関する最新情報です。

    東京都は、「こどもスマイルムーブメント大賞」の特別賞を受賞しました。この賞は、官民一体の取り組みである「こどもスマイルムーブメント」の一環として創設されました。このムーブメントは、子供たちの笑顔を育む先進的な取り組みを行う企業や団体を表彰するものです。受賞団体には、特定非営利活動法人ホームスタート・ジャパンも含まれています。ホームスタート・ジャパンは、子育てにおける孤立を軽減し、子育て世代の心の安定や子育て意欲の向上に貢献する活動を行っています。このムーブメントは、子供たちの笑顔を育むために、幅広い主体との連携を推進しており、東京都を含む全国の企業やNPO、大学、学校などが参加しています。また、ホームスタート・ジャパンは、家庭訪問型の子育て支援活動を行っており、累計で10万回以上の訪問実績があります。現在は、32都道府県の約120地域で活動しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000129991.html

  29. buchikuma-info より:

    「体験 こども こども 体験」に関する最新情報です。

    俳優・タレントの奥山佳恵さんから、こどもの体験格差をなくすための応援メッセージが届きました。全国の思い出を作れないこどもたちに体験を届けたいという思いから、認定NPO法人フローレンスが活動しています。フローレンスは、2023年11月1日から12月31日まで東京都渋谷区のふるさと納税を活用して8000万円規模のクラウドファンディングに取り組んでいます。奥山佳恵さんの応援メッセージに賛同し、寄付を受け付けています。フローレンスは、こどもたちに楽しい体験を提供するためのプラットフォームを立ち上げることを目指しています。また、公益社団法人の調査によると、日本のこどもの約9人に1人が体験の機会を持っていない状況があります。フローレンスは、こどもたちに思い出を作る機会を提供するために活動しています。フローレンスは、2024年夏に新しいプラットフォームを開始するためにふるさと納税を活用しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000323.000028029.html

  30. buchikuma-info より:

    「こども こども 食堂 食堂」に関する最新情報です。

    11月22日、う~みや飯田橋神楽坂下店が飲食店併設型の「スマイルこども食堂」をオープンしました。この食堂は、一般社団法人感動こども協会が運営しており、こどもの食事支援や社会体験の場を提供しています。この取り組みは、こどもの食の貧困や孤食の問題に取り組むために始められました。食堂では、こどもたちに食事を提供するだけでなく、セミナーやイベントなども開催しています。これにより、こどもたちの成長や社会経験をサポートし、明るい未来を追求することを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000127718.html

  31. buchikuma-info より:

    「ツアー cme wowow」に関する最新情報です。

    「CMEグループ・ツアー選手権」は、選ばれた60人の選手が参加するビッグトーナメントで、シーズン最終戦となります。この大会はWOWOWで連日生中継され、日本人選手のための専用カメラもライブ配信されます。現地からは日本勢の事前インタビューが到着しています。大会は11月17日から20日まで行われ、日本時間の午前4時からWOWOWでライブ中継されます。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000007521.000001355.html

  32. buchikuma-info より:

    「こども こども 食堂 食堂」に関する最新情報です。

    ファミリーマートとむすびえは、全国のこども食堂を応援するプログラムの第2弾を立ち上げました。このプログラムは、こども食堂を新たに立ち上げる皆さんを支援するもので、2023年11月1日まで実施されます。株式会社ファミリーマートは、こども食堂の運営を継続し拡大するために、助成金を提供しています。これまでに延べ1,801団体に助成が実施されており、さらなる支援を行っています。ファミリーマートは、地域に寄り添い、お客様一人ひとりのニーズに応えることを目指しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001059.000046210.html

  33. buchikuma-info より:

    「こども こども 体験 体験」に関する最新情報です。

    認定NPO法人フローレンスは、経済界と連携して「こどもの体験格差解消プラットフォーム」の新規事業構想を発表しました。このプラットフォームは、こどもたちの体験格差をなくすために活動しており、ふるさと納税を通じて資金調達も行っています。フローレンスは2023年10月31日までの期間中、資金調達を目指しています。この取り組みは、こどもたちの社会的な課題に注目し、体験格差を解消するためのプラットフォームを提供することを目指しています。また、フローレンスは2023年夏には全国の家庭に体験を届けるキャンペーンも行っており、こどもたちの思い出作りに取り組んでいます。さらに、フローレンスはふるさと納税を通じて資金調達を行い、2024年夏には8000万円のサービス開始を目指しています。この取り組みには経済界も協力し、公益社団法人経済同友会と連携しています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000315.000028029.html

  34. buchikuma-info より:

    「介護 協力 生活」に関する最新情報です。

    「就職氷河期ケアラー」と呼ばれる人々が、家族の協力もなく月8万円で在宅介護生活を送っている状況に困窮していることが報じられています。この記事では、介護に協力しない親族がいる場合の支援策について取り上げられています。

    具体的なケースとして、40代後半の坂本茂人さんの事例が紹介されています。坂本さんは、祖母の認知症介護を5年間行ってきましたが、父親や兄からの協力は得られず、一時は無職になるなど苦しい生活を送ってきました。祖母を介護施設に預けることも考えましたが、再就職が難しくなるため、在宅ワークをしながら祖母の年金と合わせて月8万円の収入で生活しています。

    このような就職氷河期ケアラーの支援策として、記事では以下の点が提案されています。まず、若者やミドル世代の就職氷河期ケアラーの問題点を訴え続けることや、坂本さんのようなケースを解説することで、支援活動やメディア出演を行うことが重要です。また、親族が介護を拒否する場合の対処法として、老人ホームへの入所などの解決策を紹介しています。

    さらに、家族間の問題を解決するためには、家族

    https://gendai.media/articles/-/118106

  35. buchikuma-info より:

    「価値 こども こども 食堂」に関する最新情報です。

    認定NPO法人全国こども食堂支援センターは、こども食堂の価値を「見える化」するための価値調査分析レポートを発表しました。このレポートによれば、こども食堂は地域活性化やこどもの貧困対策、孤食対策など、さまざまな価値・機能の源泉となっていることが明らかになりました。さくらプロジェクトと呼ばれる調査では、こども食堂の利用者が集まり交流し、地域の課題解決やつながりの形成に貢献していることが確認されました。さらに、価値調査ではこども食堂のタイプ診断やデータ収集も行われました。このレポートは、こども食堂の重要性を示し、その普及に役立つ情報となっています。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000044382.html

  36. buchikuma-info より:

    「介護 仕事 10」に関する最新情報です。

    10月27日(金)にオンラインセミナー『全国ビジネスケアラー会議仕事と介護、両立のヒントがここに』が開催される。このセミナーは、現役ビジネスパーソンと各分野のプロが集まり、仕事と介護の両立についてのヒントを提供するものである。第10回のテーマは「今介護が始まったらどう動く?仕事を辞めない介護への備えと動き方」であり、当社CCO木場による新書「仕事は辞めない!働く×介護両立の教科書(日経クロスウーマン)」の出版記念としても開催される。セミナーでは、仕事と介護の両立についての基礎知識や準備の方法などが解説される予定であり、参加者は事前に申し込むことができる。過去のセミナーは累計申込数4,000件を突破しており、今回も多くの参加が期待されている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000114.000038460.html

  37. buchikuma-info より:

    「blue blue origin new」に関する最新情報です。

    米国連邦航空局(FAA)は、Blue OriginのNew Shepardの異常に関する調査を終了したと発表しました。昨年9月の打ち上げでの問題が発生した後、FAAは調査を行い、Blue Originに対して21の是正措置を実施するよう要求しました。FAAの報道官は、調査の終了はBlue OriginがNew Shepardを飛行させることを意味し、会社は修正措置を実施し、打ち上げ許可の修正を受ける必要があると述べました。FAAは商業宇宙飛行の安全を確保する責任を持つ機関であり、事故調査は企業によって行われます。

    https://techcrunch.com/2023/09/27/regulators-close-investigation-into-blue-origins-new-shepard-anomaly/

  38. buchikuma-info より:

    「定着 定着 活躍 活躍」に関する最新情報です。

    パーソルダイバースは、法人企業向けに「精神障害者人材の雇用定着・活躍」無料セミナーを開催する。このセミナーでは、パーソル総合研究所が行った「精神障害者雇用の現場マネジメントについての定量調査」の結果や、長期的な定着・活躍を促進するためのノウハウが解説される。セミナーは2023年9月21日にオンラインで開催され、法人企業の障害者雇用担当者を対象としている。参加は無料で、申し込みはウェビナーの申込みフォームから行うことができる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000082189.html

  39. buchikuma-info より:

    「芸能 学校 育児」に関する最新情報です。

    藤本美貴が育児に関する質問に連続で回答し、その回答が話題となっています。藤本は自身のYouTubeチャンネルで育児に関する悩みや相談に答えており、視聴者から寄せられた質問に15分間にわたって回答しました。藤本は子供の保育園や学校に行かせることに関して、行かないのと行けないのは違うと述べ、子供の気分や主張を考慮しながら対処する姿勢を示しました。また、いじめの原因についても言及し、学校や保育園と連絡を取り合って解決策を見つけることを提案しました。藤本の育児に対する姿勢や言葉遣いに対しては、芸能界を生き残っているだけあると称賛する声もあります。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS81LzkvMjAyXzlfcl8yMDIzMDcxNV8xNjg5MzkwMzUyMTc5MTgw0gEA?oc=5

タイトルとURLをコピーしました