筆者についてもっと知りたい!

ぶっさんのプロフィール

スポンサーリンク

はじめまして。看護師をしながらライター活動をしている「ぶっさん」と申します。

2018年からは、ライターで生活できるようになったので専業ライターとして毎日それなりに楽しく暮らしています。

このブログでは、依頼された記事ではなく自分の書きたいものだけ、徒然なるままに書き暮らしております。

スポンサーリンク

看護師について

看護師としての経験から思ったことなどを記事にしています。

看護師ライフハック

看護師として働いていた時に、どうやって仕事を乗り切っていたかを語る、概ね精神論です。

看護師の転職

自身の転職経験をもとに記事にしています。

看護師をやめようか悩んでいる

という場合は、参考になる記事があると思います。

看護師の副業・複業

看護師でも複業はできます。もちろん、働いている病院の就業規則によるところもありますが。

看護師としては週3日くらいで働いて、そのほかの時間はもっと自由に過ごしたい!

という方にお勧めです。

精神科看護

外部の人からすると謎の多い「精神科」という独特の空間。入院される方や、就職を希望されている方のために、参考になる記事を書いています。

認知症看護

認知症は、病院での看護でも頭を悩ませるものです。おうちで介護される場合にも、介護者となる家族の負担はとても大きいですよね。

ADHD

仕事がうまくできずに精神科に行ったら「発達障害」であることが判明しました。その時の体験談や、ミスの許されない医療業界でも働ける工夫について書いています。

ADHDでも看護師を続けられる

看護師は、もっともADHDに向かない仕事とも言えます。

  • 多重課題が多い
  • タイムプレッシャーがある
  • ミスが許されない

自分で言うのもなんですが、よく仕事で干されなかったなぁ、と思うくらいにミスを連発していました。

それでも、大きな医療事故を起こすことなく、無事、看護師を卒業してライターをやったりしています。

その時に工夫していたこと、発達障害の特性を活かして楽しく仕事ができるコツなどを書いています。

発達障害の子供を持った家族のために

そんなADHD当事者である私が、「こうしてくれるともっと過ごしやすいのにな」という家族に必要なサポートや、子供時代の過ごし方などを、赤裸々に語っています。

体験談

体験談として、「内服はどうしたらいいか」「利用できる社会サービスは?」という疑問について答えています。

ADHDのための内服薬

私はADHDの主要な治療薬である2種類の薬を内服しています。

  • コンサータ
  • ストラテラ

どちらも副作用が強い上に、何より、高い!

本当に必要な薬なのか、担当医と相談すべきことなど、考えてみたことを書きました。

社会サービス

大人になってからでも、子供の治療でも、大事なのは社会サービスです。

薬代だけで、毎月何万円もするのが大変!

でも、例えば自立支援などを受ければ、治療負担は1割になったり、限度額が設けられたりします。

検査・治療

実際にやってみた治療や検査についてまとめてみました。

子育て

元々は別のサイトで書いていた記事なのですが、せっかく看護師であることを活かして、医療のプロとしての子育て記事にするためにこちらのサイトに移植しました。

年齢・月齢で気をつけること

0歳児、1歳児くらいだと、とにかく大変なのが「病気」ですね。

何もかもが初めてのことなのに、子供が風邪を引くだけでもてんやわんやです。

というわけで、せっかく医療に従事した身なので、子供の病気についても記事にしました。

子育てでやるべきこととやってはいけないこと

子育てで悩んだこと、学んだことをまとめています。

賢い子育ては子供の負担も減る?

子育ては失敗できない。親の受けるプレッシャーたるは、並々ならぬものがあります。

とは言え、親の気合は大体において、空回り。むしろ、子供の負担になることだって多いです。

教育費を捻出するために、仕方がないからパートを増やしました。。。

気がつけば、子供は好きでもない塾に通って、親は仕事に披露して。

これって、すごい悪循環ですよね。私も、ライターで自由にクラスまでは、「犠牲こそが子育て」だと勘違いしていました。

負担は軽減して、人生は充実させる方法、考えてみました。

英語学習なんて無駄なことはやめておこう

私は、大学では英語を専攻していました。今では、ほとんど使うことはないですね。自分がライターになって、ようやく海外論文を読むのに活用するくらいです。

子供には英語で苦労させたくないんです!

なんて言って、英語塾とか通わせてないですか?

でも、大体の場合、子供の教育資産は「間違った方法」で使われているんです。

子供の教育で、本当に必要なことについて書きました。

仕事の依頼について

当サイト経由でも執筆依頼を承っております。

執筆料のご相談

文量などによるところもありますが、概ね1記事あたり1万円くらいとなっています。

高いような、安いような。

SEO対策します

執筆依頼のほとんどはウェブページ用の記事です。そのため、少しでも検索に有利なようにSEO対策して記事作成しています。

「〇〇について書いてほしい」などのざっくりとした内容であれば、カテゴリまるごと執筆し、単一ワードで検索されるように可能なかぎりご協力します。

ただし、実際に検索されるには、投稿されるサイトのドメインパワーや、内部リンクの貼り方によるところがあります。当方で協力できるのは、あくまでも「記事内容でのSEO対策」となりますことを、ご了承いただければと思います。

記事内容が良ければサイト評価は上がる

ご利用方法としては、

まだサイトを立ち上げたばかりで、いまいち検索されなくて困っている

という時に、信用される記事を増やすことで、Googleのサイト評価を上げることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました