PR

発達障害が利用したい「ライブスピーチ」でテキストを自分の音声に

発達障害便利ツールの「ライブスピーチ」に関する情報をまとめています。

このページでは以下のポイントを押さえて情報をまとめています。

  • 発達障害便利ツールのライブスピーチとは
  • ライブスピーチの問題点
  • ライブスピーチの解決方法

少しでも情報収集に役立てば嬉しいです!

発達障害便利ツール「ライブスピーチ」の解決方法が知りたい

発達障害便利ツールの基礎知識や、発達障害便利ツールの類似商品/サービスに関する情報をまとめています。

「発達障害便利ツールのライブスピーチとは?」

「発達障害便利ツールのライブスピーチとは?」

「ライブスピーチ」は、発話できないまたは発話能力を失っている人々を支援するために設計された機能で、iPhoneiPadMacで使用できます。ユーザーは会話中にタイプして話すことができ、よく使うフレーズを保存しておくことも可能です。

「ライブスピーチの特徴」

  • 電話、FaceTime通話、対面での会話中にタイプして話せる。
  • よく使うフレーズを保存しておき、会話中にすばやく挟み込める。
  • ALSやその他の病気で発話能力が低下するリスクがあるユーザーにも適している。

「パーソナルボイスの役割」

  • ユーザーはiPhoneまたはiPadでテキストプロンプトを読んで音声を録音し、自分が話しているように聞こえる声を作成できる。
  • デバイス上の機械学習を使ってユーザー情報のプライバシーとセキュリティを守り、ライブスピーチとシームレスに統合する。

「コミュニケーションの重要性」

  • ALS診断を受けた人々は、自分の声で「愛している」と伝えることの重要性を強調している。
  • iPhoneでわずか15分程で自分の合成音声を作成できることは、コミュニケーションにとって非常に有意義である。
  • 「ライブスピーチ」は発話能力が低下した人々のコミュニケーションを支援する。
  • パーソナルボイスを使って、自分らしい声で話すことが可能になる。
  • コミュニケーションは家族や友人とのつながりにおいて非常に重要である。

ライブスピーチは具体的にどのような方に役立つの?

ライブスピーチは具体的にどのような方に役立つの?

ライブスピーチは、発達障害を持つ方々や音声情報の処理に困難を感じる方々にとって有用なツールです。

発達障害を持つ方への支援

ライブスピーチは、発達障害を持つ方々がコミュニケーションを取りやすくするための支援ツールとして活用できます。特に、自閉症スペクトラム障害や注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの状態にある方々が、自分の思いを言語化しやすくなる可能性があります。

音声情報処理に課題を持つ方への支援

聴覚処理障害(APD)など、音声情報を受け取るのが苦手な方にとって、ライブスピーチは有効なツールとなる可能性があります。テキストによるコミュニケーションが可能になることで、情報の理解が容易になります。

書字障害(LD)を持つ方への支援

書字障害を持つ方々も、ライブスピーチを活用することで、コミュニケーションのハードルを低減できる可能性があります。テキスト入力による発話機能を利用することで、書くことに苦手意識がある方もスムーズにコミュニケーションを取ることができるようになります。

  • 発達障害を持つ方々がコミュニケーションを取りやすくするための支援ツール
  • 音声情報を受け取るのが苦手な方にとって有効なツール
  • 書字障害を持つ方々も、コミュニケーションのハードルを低減できる可能性

ライブスピーチを利用してもらいたい方々

  1. 非発話者: 発話能力がない、または失われつつある人々にとって、ライブスピーチはコミュニケーションを取る手段として非常に有用です。
  2. 発達障害を持つ人々: 自閉症スペクトラム障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などの発達障害を持つ人々が、自分の思いを言語化しやすくなる可能性があります。
  3. 聴覚処理障害(APD)を持つ人々: 音声情報の処理に困難を感じる人々にとって、テキストベースのコミュニケーションが可能になります。
  4. 書字障害(LD)を持つ人々: テキスト入力による発話機能を利用することで、書くことに苦手意識がある人もスムーズにコミュニケーションを取ることができます。
  5. 高齢者: 加齢に伴い発話能力が低下する高齢者にとって、ライブスピーチはコミュニケーションの補助手段となり得ます。
  6. 筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気を持つ人々: 筋力の低下や発話能力の喪失が見込まれる病気を持つ人々にとって、ライブスピーチは大きな支援となります。
  7. 一時的な発話障害を持つ人々: 手術後の回復期など、一時的に発話が困難な状態にある人々もライブスピーチを活用できます。
対象リスト
  • 非発話者
  • 発達障害を持つ人々
  • 聴覚処理障害(APD)を持つ人々
  • 書字障害(LD)を持つ人々
  • 高齢者
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの病気を持つ人々
  • 一時的な発話障害を持つ人々

テキストと音声が、より密接につながるように

すでに、iPhoneをはじめとするほとんどのスマホでは「音声入力」が可能であるため会話中の音声をテキストに変換することは容易になっています。ライブスピーチの意義は、テキストを音声に出力することで、より広範なコミュニケーションツールとして利用でき、かつそこに課題を感じている人にとっての救済措置となりうるということです。

補足:音声をテキストに変換する方法
  1. 音声入力機能の利用: iPhoneのキーボードには音声入力機能が備わっています。テキストフィールドをタップしてキーボードを表示させた後、マイクのアイコンをタップして音声を入力します。話した内容がテキストとして入力されます。
  2. Dictation(音声入力)機能の使用: iPhoneの「設定」→「一般」→「キーボード」→「Dictation(音声入力)」をオンにすると、キーボードにマイクアイコンが表示されます。このアイコンをタップして話すことで、音声がテキストに変換されます。
  3. 音声メモアプリの使用: iPhoneの音声メモアプリを使って録音した音声をテキストに変換することも可能です。録音した音声メモを共有し、メールやメッセージなどで送信する際にテキストとして出力することができます。
  4. サードパーティアプリの利用: App Storeには、音声をテキストに変換するためのサードパーティアプリが多数あります。例えば、Googleの「Google翻訳」アプリでは、音声入力機能を使って話した内容をテキスト化し、さらに他の言語に翻訳することもできます。

ライブスピーチの利用方法

ライブスピーチの利用方法

ライブスピーチを活用するためには、対応するデバイスとOSを用意し、設定を行う必要があります。

必要な条件と準備

ライブスピーチを利用するには、iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonoma、watchOS 10以降が必要です。

また、iPhone XS以降、iPad Air (第5世代)、iPad Pro 11インチ (第3世代) 以降、iPad Pro 12.9インチ (第5世代) 以降、Apple シリコン搭載モデルの MacApple Watch Series 3以降が対象デバイスとなります。

ライブスピーチのオン/オフを切り替える

ライブスピーチを使う前に、この機能をオンにしておく必要があります。iPhoneiPadでは「設定」アプリから「アクセシビリティ」を選択し、「ライブスピーチ」をタップしてオン/オフを切り替えます。MacではAppleメニューから「システム設定」を選択し、「アクセシビリティ」をクリックして「ライブスピーチ」を選択し、オン/オフを切り替えます。Apple Watchでは「設定」アプリから「アクセシビリティ」を選択し、「ライブスピーチ」をタップしてオン/オフを切り替えます。

使用する声を選択する

システムボイスから選択するか、パーソナルボイスを使用できます(ただし英語のみ)。iPhoneiPadでは「設定」アプリから「アクセシビリティ」を選択し、「ライブスピーチ」をタップして「ボイス」を選択し、使用する声を選びます。Macでは「システム設定」から「アクセシビリティ」を選択し、「ライブスピーチ」をクリックして「声」を選択します。Apple Watchでは「設定」アプリから「アクセシビリティ」を選択し、「ライブスピーチ」をタップして「声」を選択します。

  • 対応するデバイスとOSが必要
  • ライブスピーチのオン/オフを切り替える設定が必要
  • 使用する声を選択する設定が必要

ライブスピーチの便利な活用方法

ライブスピーチの便利な活用方法

ライブスピーチは様々なシーンで役立つツールであり、医療従事者、教育支援、AI技術の進化によってその活用範囲はさらに広がっています。

医療現場での活用

医療従事者はライブスピーチを利用して、術後の患者や書字障害を持つ患者とのコミュニケーションを効果的に行うことができます。特に病棟での使用は、患者の声を代弁し、より良いケアを提供する上で重要な役割を果たします。

教育支援での活用

ライブスピーチは教育支援においても有効です。特に視覚情報よりも音声情報の方が伝わりやすい子供にとって、テキストを音声に変換する機能は学習をサポートする強力なツールとなります。

AI技術の進化との連携

生成AIの登場により、テキストベースのデータはより多様に作りやすくなりました。ライブスピーチとAI技術の連携により、より自然で人間らしい音声生成が可能になり、利便性の拡張が期待されます。

  • 医療従事者が術後の患者や書字障害を持つ患者とのコミュニケーションに活用
  • 教育支援で視覚情報よりも音声情報の方が伝わりやすい子供の学習をサポート
  • AI技術の進化と連携して、より自然で人間らしい音声生成が可能に

発達障害便利ツールのライブスピーチに関する口コミ・評判

ライブスピーチの情報で、ネット上の口コミやネタバレ情報をまとめておきます。

X(Twitter)の情報

X(Twitter)検索用リンクはこちらです。「発達障害便利ツール ライブスピーチ」と検索できます。

ライブスピーチの口コミ、レビュー、評判まとめ

口コミやレビュー、評判についての情報です。

10歳、女児、学生

「こんにちは!私は10歳の女の子で、学校で勉強してるんだけど、実は読み書きがちょっと苦手なの。でもね、ライブスピーチを使い始めてから、授業が楽しくなったよ!先生が言ったことを文字にしてくれるから、わかりやすいんだ。でも、時々、声を認識してくれないこともあるから、もっと賢くなってほしいな。でもね、お友達と話すときも使えるから、すごく助かってるよ!」

10歳、男児、学生(もう一人)

「やあ!僕も10歳だよ。学校は楽しいけど、僕、人前で話すのが苦手なんだ。だから、ライブスピーチっていうのを使ってみたんだけど、これがすごくいい!自分の言いたいことを打ち込むだけで、声に出してくれるから、発表も怖くなくなったよ。ただ、時々、変な声で話すから、友達に笑われちゃうこともあるんだ。でも、だんだんと自信がついてきたから、これからも使い続けるつもりだよ!」

60歳、女性、会社員

「私は60歳の会社員です。最近、少し耳が遠くなってきたので、ライブスピーチを使ってみました。これがとても便利で、同僚やクライアントとのコミュニケーションが格段に向上しました。ただ、専門用語をうまく認識しないことがあるのが難点です。でも、全体的には大満足です。これからも仕事で活用していきたいと思います。」

ライブスピーチに関連した当サイトの参考ページを紹介

「ライブスピーチ」に関連した私が取り扱うサイトの各ページへのリンクを紹介していきます。

ADHDの知っておきたいこと

ADHDに関する情報や対策についてのお役立ち記事を紹介します。

ADHDはリマインダーをうまく使って薬の飲み忘れを減らそう!

うっかり忘れの多いADHDが安定して内服を続けるために、リマインダーの利用をおすすめします。特にiPhone標準アプリであれば家族との共有も可能なので、内服継続がしやすくなります。

ADHDでは精神科と心療内科どちらを受診すべきか悩んだ話

心の病気の症状を感じた時、「精神科」と「心療内科」のどちらを受診すべきか悩みますよね。ADHDと「新型うつ」の関係についても触れています。

ADHDで読書ができなくなった理由【集中力の使い方が不得意】

ADHDによって読書が困難になることがあります。集中力の使い方に工夫が必要です。

iPhoneユーザーおすすめ

iPhoneiPadを使う上で便利な情報やアプリについて紹介します。

iPhone「天気アプリ」は標準でいい?もっと便利なやつはあるの?

iPhone/iPadで知っておくと便利な「天気アプリ」に関する情報をまとめています。設定を工夫すれば毎日の天気チェックがもっと便利になります。

iPhoneのスクリーン共有で「MirrorTo」が便利な理由

iMyFone MirrorToのレビュー記事になります。ゲームの配信をしながら記録用にスクリーンショットを撮影したり、スマホ画面をPCに投影して操作できる便利な機能があります。

まとめ:ライブスピーチは「音声アウトプットの基本」

最後までお読みいただきありがとうございました。

発達障害便利ツールの便利な点や、ライブスピーチの特徴をまとめました。購入の参考になれば幸いです。

まとめ:ライブスピーチの解決方法

「ライブスピーチ」の知っておきたいことまとめ

  • ライブスピーチは、発話が困難な人々を支援するために設計された機能です。
  • iPhone、iPad、Macで利用でき、テキストをタイプして音声化することができます。
  • よく使うフレーズを保存しておくことができ、すぐに発話できるようになります。
  • iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonoma、watchOS 10以降が必要です。
  • ライブスピーチをオンにするには、設定アプリからアクセシビリティ設定を行います。
  • 使用する声は、システムボイスまたはパーソナルボイスから選択できます。

発達障害便利ツールの「ライブスピーチ」活用術

  • 発達障害を持つ子どもには、授業中の教師の話をテキスト化して理解を助けるために活用できます。
  • ADHDを持つ人は、リマインダーやアラームと組み合わせて、薬の内服忘れを防ぐために利用できます。
  • 書字障害がある人は、テキスト入力によるコミュニケーションをスムーズに行うために活用できます。
  • 聴覚処理障害を持つ人は、音声情報をテキスト化して理解しやすくするために利用できます。

ライブスピーチの知っておきたいよくあるQ&A

Q
ライブスピーチはどのデバイスで利用できますか?
A

ライブスピーチは、iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonoma、watchOS 10以降を搭載したiPhoneiPadMac、およびApple Watch Series 3以降で利用できます。

Q
ライブスピーチを使うにはどうすればいいですか?
A

ライブスピーチを使用するには、まず設定アプリからアクセシビリティ設定にアクセスし、ライブスピーチをオンにします。その後、使用する声を選択し、テキストを入力することで音声化することができます。

Q
ライブスピーチはどのような人におすすめですか?
A

ライブスピーチは、発話が困難な人、発達障害を持つ人、聴覚処理障害がある人、書字障害がある人など、コミュニケーションに障害を持つさまざまな人々におすすめです。また、日常的なコミュニケーションをサポートするツールとしても有用です。

「ライブスピーチ」に関して参考になる記事リスト

発達障害便利ツールや「ライブスピーチ」に関連した当サイトの記事リストを載せておきます。

ナースライフの「発達障害」記事一覧

当サイトで、意外と読まれている記事を厳選してお届けします。

「発達障害」に関するお勧めの記事

まずは、発達障害の情報を求めて来られた方にお勧めした記事を。

管理人のサイト案内

当サイトの管理・投稿をしているぶちくまの別ジャンルのサイト情報になります。

ぶちくまどっとこむ(レビュー)

家電やiPhone、パソコンのことについての記事が多いです。何か買いたいと思った時に参考にしてみてください。

ぶちくまどっとこむ
ぶちくまどっとこむのサイトマップ兼トップページです。

がたホーム

新潟の情報や家づくりの記録などを残しています。

ぶっさんの『ナースライフ』トップページ
ナースライフのトップページです。

創作ベース(ゲーム、サイト運営)

主にゲームのことについてまとめています。サイト運営などの情報についても。

ぶちくま創作ベース
ゲームと音楽と副業の「趣味でまったりお金を稼ぐ」サイト

 

 

「ライブスピーチ」過去の情報

すでに古くなった情報を、まとめきれずにとりあえず放置しておく場所になります。ここはきれいになっているのが理想。

コメント

  1. buchikuma-info より:

    「女性 8億 だまし取っ」に関する最新情報です。

    認知症の高齢女性に不動産の共同所有話を持ちかけ、8億円近くをだまし取った疑いで男性4人が再逮捕された。さらに、同じ女性から3400万円をだまし取ったともされており、高齢者約9万人分の名簿が押収された。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiR2h0dHBzOi8vYXJ0aWNsZS5hdW9uZS5qcC9kZXRhaWwvMS8yLzIvMjMzXzJfcl8yMDI0MDYyNV8xNzE5MjkyOTAyNzMxMDc10gEA?oc=5

  2. buchikuma-info より:

    「ai brista 洋服」に関する最新情報です。

    洋服レンタルBristaはAIスタッフ葉月さんを採用し、24時間365日お客様のサポートを強化。AIチャットボットを導入し、顧客の疑問や不明点に対応。AIスタッフ葉月さんは42歳の母親でもあり、お客様への服のアドバイスも行う予定。洋服サブスクの利用方法向上に取り組む一方、AI技術を活用した独自のAIチャットボットを開発。代表取締役はAI技術の進化に期待し、新たなコミュニケーションを実現したいと述べている。ブリスタは洋服レンタルサービスやAI導入支援事業を展開しており、顧客のニーズを把握しサービスの改善に取り組んでいる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000046496.html

  3. buchikuma-info より:

    「ado 日記 失態」に関する最新情報です。

    歌手のAdoさんが夢日記を始めることを宣言したが、開始1日目に大失態を犯してしまった。起床時間が18時25分と大遅刻し、「おいせっかくに休みなのにこんな時間に起きてしまった」「夢日記のスタートが失態でどうすんだ」と自虐的にコメント。さらに、夢の内容も最悪だったと吐露している。ファンからは「ツッコミどころありすぎる」「初日で寝坊は面白すぎる」「Adoさんらしくて好き」といった反応が寄せられている。

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_667a1b50e4b09762019934fd

  4. buchikuma-info より:

    「60 同窓会 中高年」に関する最新情報です。

    中高年の間で「同窓会は意味がない」という考えが広まっていますが、認知症専門医によると、60代になると同窓会に参加することが重要だと助言されています。特に60歳を過ぎると同窓会や同期会の連絡が増える傾向があるようです。

    https://toyokeizai.net/articles/-/757185?utm_source=rss&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

  5. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、脂肪肝から肝がん発症の高リスク者を特定するバイオマーカーの発見に関する最新ニュースや情報を提供しています。血中GDF15値やFIB-4indexが肝がん発生リスクと関連しており、特にFIB-4index>1.3や血中GDF15値>1.75ng/mlの患者は肝がん発生率が高いことが判明しています。同様の結果は別の病院でも検証されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240625/gdf15.html

  6. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    神戸大学の研究によると、IL-6阻害薬が視神経脊髄炎において血中B細胞に作用し炎症を抑える仕組みが解明された。視神経脊髄炎の治療法や効果判定に役立つ可能性があり、神経炎症の強い時期にはB細胞中のダブルネガティブB細胞とプラズマブラストが増加することが示唆された。IL-6阻害薬によってB細胞の変化が病気を促進する細胞を減少させ、抑制する細胞を増加させることが報告されている。また、プラズマブラストに強く発現するCD200遺伝子が病気抑制の指標として機能する可能性も示唆されている。

    https://www.qlifepro.com/news/20240625/il-6-nmosd.html

  7. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    産業医大の研究によると、妊婦の血液中の金属濃度が胎盤の重さに影響を与えることが判明しました。カドミウムやマンガンの濃度が高い場合、胎盤の重さが増加する傾向がありますが、セレンの濃度が高い場合は逆の結果が見られます。鉛や水銀の濃度と胎盤の重さには関連が見られませんでした。これらの研究結果は、母体の金属濃度に基づいた治療法や補助療法の開発につながる可能性があります。

    https://www.qlifepro.com/news/20240624/cadmium-manganese.html

  8. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、エブリスディ治療に関する最新情報を提供しています。エブリスディ治療はI型SMA小児に対する5年間のデータが発表され、経口投与可能なSMN2スプライシング修飾剤も日本で承認されました。治療を受けた小児の半数以上が少なくとも30秒間支えなしに座る能力を獲得し、摂食・嚥下能力を維持していることが報告されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240624/risdiplam.html

  9. buchikuma-info より:

    「医療 情報 サイト」に関する最新情報です。

    大阪公立大学が開発した新モデルでは、院外心停止患者の蘇生後の予後を病院到着前の情報だけから予測することが可能となりました。このモデルは18歳以上の院外心停止患者約94万人を対象に調査を行い、年齢やバイスタンダーCPRなどの要因に注目して高い精度で予測が可能です。また、新指標である「R-EDByUSスコア」の「Regression-based model」がWeb上で公開されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240624/r-edbyus.html

  10. buchikuma-info より:

    「医療 情報 医療 従事者」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの総合サイトが、再生医療製品の承認に関する情報を提供しています。19日に行われた薬事審議会で、サンバイオの脳損傷治療薬「アクーゴ脳内移植用注」の条件付き承認が了承されましたが、同等性確認に関する情報が不足しているため、承認期限内に追加データを提出し、改めて承認申請を行うよう求められました。サイトは医療従事者向けのコンテンツであり、医療者認証システムを通じて利用可能です。

    https://www.qlifepro.com/news/20240624/vandefitemsel.html

  11. buchikuma-info より:

    「ai content journalists」に関する最新情報です。

    出版社がAI企業とのコンテンツ契約に署名する中、ジャーナリストたちは「我々に何の利益があるのか?」と問いかけている。AI企業に現在のコンテンツや過去のジャーナリズム作品のアーカイブへのアクセスを提供する契約が行われており、ジャーナリストたちはこの動きに疑問を持っている。ジャーナリストたちはAI企業によるコンテンツ作成の採用も懸念しており、一部のメディアは既に実験を始めている。これに対し、ライターたちは契約にAI保護を盛り込む動きを加速させている。

    https://techcrunch.com/2024/06/22/whats-in-it-for-us-journalists-ask-as-publications-sign-content-deals-with-openai/

  12. buchikuma-info より:

    「保護 医療 メガネ」に関する最新情報です。

    2024年6月27日から29日に開催される第98回日本感染症学会学術講演会では、医療従事者向けの度付き保護メガネやヘルスケアモデルが展示されます。ボレー・ブランズ・ジャパンは欧州安全基準を取得した「コントゥール RX」などを紹介し、医療現場での目の安全を重視しています。特にレンズが曇らない超防曇・耐傷の「プラチナコーティング」や紫外線カット機能が特徴です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000127493.html

  13. buchikuma-info より:

    「ai 生成 生成 ai」に関する最新情報です。

    株式会社アルムは、医療・ヘルスケア領域における生成AIエコシステムプロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは、質の高い医療データの生成AIへの提供や生成AIの出力に対するモニタリング・是正データの提供、生成AIによる診療支援・保健行政支援を通じて、医療・介護現場に安心・安全・簡便な利用環境を提供することが目標です。アルムは、生成AIを導入したシステムを国内外の医療・介護施設や患者に提供し、医療者や介護者に専門医相談支援を行う予定です。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000097.000044577.html

  14. buchikuma-info より:

    「けが けが 功名 サイト」に関する最新情報です。

    ニコニコ障害によって仮サイトが好評で、往年のネットユーザーが価値を再認識。株価の下落や業績への影響もあり、業務部門の課題をITで解決する動きがある。ERPの導入メリットやデメリット、選定方法に関する情報も提供されている。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2406/21/news066.html

  15. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、脳卒中後の疼痛に関する最新情報を提供している。研究によると、脳卒中患者の約43%が疼痛性運動障害(PSP)を経験し、リハビリテーションの予後に影響を与える可能性があることが示唆されている。PSPを有する患者85人を対象に行われた研究では、痛みの質が4つの分類に分けられ、リハビリテーション中に痛みの強さが観察された。従来のリハビリテーションでは、痛みの強深部群は痛みが軽減されたが、冷刺激痛や強いしびれを伴う群では痛みの軽減が見られなかった。従来のリハビリテーションが効果的でない場合、追加治療が必要とされる可能性がある。

    https://www.qlifepro.com/news/20240621/psp-2.html

  16. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、アトピー性皮膚炎乳児における離乳食でのナッツ類摂取に関する最新情報を提供しています。ナッツ類を含むペーストの摂取は海外で一般的であり、ピーナッツやクルミを含む製品は離乳食に適しています。誤嚥や窒息のリスクなく、約8割の乳幼児がこれらのナッツ類を摂取できることが示されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240621/ad-nuts.html

  17. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、拡張型心筋症とクローン性造血に関する最新ニュースや情報を提供しています。東大病院などの研究により、クローン性造血が拡張型心筋症の予後を悪化させる可能性が示唆されています。若年患者においてクローン性造血が高頻度で見られ、マウスモデルでも心機能低下や心臓線維化の悪化が確認されています。今後はクローン性造血を標的とした治療法の開発が期待されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240621/clonal-hematopoiesis-2.html

  18. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、自閉症における「友人を記憶する能力低下」のメカニズムに関する最新ニュースを提供しています。研究により、Shank3欠損マウスの海馬腹側CA1領域において「社会性記憶」に異常が見られることが明らかになりました。Shank3欠損海馬腹側CA1細胞が増加すると、一定の閾値を超えると異常が現れることが示唆されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240621/shank3.html

  19. buchikuma-info より:

    「子ども ライブ 26」に関する最新情報です。

    パステルコミュニケーションが運営する月額制会員サイトNicotto!塾が、知的グレーゾーンの子どもを育てるママ向けにオンラインライブを開催する。知的グレーゾーンとは知能指数70~85の範囲で、日本には約1700万人いるとされる。この子どもたちの生活習慣や学習習慣をサポートするためのライブでは、身辺自立が進む3ステップの声かけをテーマにしている。参加方法は会員登録が必要で、月額2980円から利用可能。詳細は会員専用ページから確認できる。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000467.000054387.html

  20. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの総合サイトが、関節リウマチ治療に関する最新情報を提供しています。新規治療薬候補の「イタコン酸」が関節炎モデルの症状改善に効果があることが北大などの研究で示されています。イタコン酸は滑膜線維芽細胞を標的とし、過剰な炎症反応を抑制する効果が期待されています。滑膜線維芽細胞からの培養や動物実験において、イタコン酸の効果が確認されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240620/itaconate-arthritis.html

  21. buchikuma-info より:

    「医療 情報 サイト」に関する最新情報です。

    医療従事者向けの医療総合サイトが、健康成人を対象に行われたD-アラニン摂取に関する研究結果を報告しています。この研究では、D-アラニンの摂取により血中濃度が増加し、7日間維持されることが判明しました。今後は、この成果を活かしてアミノ酸をターゲットにしたCKDの治療法の開発など臨床応用への展開が期待されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240620/d-alanine-2.html

  22. buchikuma-info より:

    「ai 薬歴 medilab」に関する最新情報です。

    東大発のヘルスケアAIベンチャーmediLabと三菱電機ITソリューションズが連携し、保険薬局向けの次世代コミュニケーションサービス「AnyCOMPASS」の薬歴クラウドサービスにAI技術を活用した服薬指導&薬歴作成支援機能を共同開発することが発表された。この取り組みにより、調剤薬局向けの最新技術である生成AI技術を活用したシステムが開発され、薬剤師の業務効率化や患者の健康維持・向上に貢献することが期待されている。共同開発の成果物は、学術大会などで参考出展される予定となっている。

    https://news.google.com/rss/articles/CBMiJWh0dHBzOi8vd3d3LmF0cHJlc3MubmUuanAvbmV3cy8zOTc4ODfSAQA?oc=5

  23. buchikuma-info より:

    「医療 医療 従事者 従事者」に関する最新情報です。

    はごろもフーズと株式会社おいしい健康が共同で行った調査によると、医療従事者の70%がツナを毎日の食事管理に役立つ食材として評価していることが明らかになった。ツナは良質なたんぱく質や必須脂肪酸を含み、手軽に利用できるため、健康でおいしい食事提案に適しているとされている。医療従事者の88%が患者から食事相談を受けており、ツナを勧める際には具体的なレシピやサポートが求められていることも分かっている。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000010547.html

  24. buchikuma-info より:

    「医療 医療 従事者 従事者」に関する最新情報です。

    はごろもフーズとおいしい健康が行った医療従事者向けの調査で、ツナが糖尿病患者の食事管理に役立つ食材として好意的に評価されていることが明らかになった。ツナは良質なたんぱく質や必須脂肪酸を含み、手軽に利用できるため、健康でおいしい食事提案に適している。医療従事者の88%が食事相談を受けており、その中でツナが具体的なアドバイスに役立つ可能性が示され、70%が積極的にツナを勧めたいと回答している。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000043855.html

  25. buchikuma-info より:

    「医療 サイト ツール」に関する最新情報です。

    広島大学の研究によると、超音波を用いたSWは肝の線維化の程度を、DSは炎症の程度を評価することが可能であり、肝生検に代わる検査法として有望であることが示唆されています。MASLD疑いの患者159人を対象に調査が行われ、DS値が13.2m/s/kHzを超える場合は炎症の影響を考慮する必要があることが報告されています。

    https://www.qlifepro.com/news/20240619/echo-masld.html

タイトルとURLをコピーしました