筆者についてもっと知りたい!

ADHDの治療で漢方薬が処方された時の解釈

スポンサーリンク

私自身は、元看護師で現役ADHDです。今回は、「漢方侮りがたし」ということで、苦くてイマイチ効果が信用ならない(と勝手に思っている)漢方薬とADHDの治療についてのお話です。

スポンサーリンク

ADHDに処方される漢方薬

ヨメちゃん
ヨメちゃん

そもそも、ADHDの治療に漢方が使われることなんてあるの?

ぶっさん
ぶっさん

ADHDは治療というよりは、「生活のしやすさ」を獲得するための技術や知識を得る目的で通院する場合がほとんどです。ただ、そのサポートとして、副作用を緩和させたり、ストレスを和らげる目的で漢方が処方される場合があります。

ADHDで漢方が使われる理由

ADHDなど、発達障害には抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、甘麦大棗湯、黄連解毒湯、香蘇散、柴胡加竜骨牡蛎湯、当帰芍薬散などをその人の証にあわせて使い分ける。また、西洋薬の補助として併用することもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E3%83%BB%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3#%E8%96%AC%E7%89%A9%E7%99%82%E6%B3%95

Wikiさんからの引用ですが、概ね使用される漢方は決まっています。西洋薬というのは、いわゆるカタカナの薬のことで、コンサータやストラテラのことですね。これらの薬は副作用があり飲み心地が悪いこともあって、内服しているだけでそれなりにしんどいです。

科学的な根拠はあるの?

ヨメちゃん
ヨメちゃん

漢方って、民間療法みたいなものなんじゃないの?

厳密には民間療法とは違いますが、医者が病気になったら「自分は飲まない」というアンケート結果が出ております。

日経トレンディ2)が医師 1000 人に「自分が病気になったら漢方薬を服用しますか?」とアンケートを行ったところ,積極的に服用するが 31%,基本的に服用しない 39%,全く服用しない 17%であった.つまり,過半数の医師が「漢方薬を服用しない」と回答した.その理由として,「エビデンスが乏しい」「診断自体が曖昧である」が挙げられた.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/organbio/23/1/23_46/_pdf

一方で、2008年には「漢方科」が標榜できるようになり、専門医療として期待される一面もあります。

ぶっさん
ぶっさん

実際、インフルエンザかかった時とか、自己免疫が勝つまで耐えるしかないって時には、漢方の方が症状を和らげてくれるって時はあるよね。

エビデンスレポートがまとめられているサイト

一般の人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、医療の根拠なんて結構曖昧で不明瞭です。症例検討を繰り返して効果があったとされる方法を、他の症例でも同様の結果が得られているか、ひたすら研究していくだけです。

ぶっさん
ぶっさん

そんな研究結果がまとめられているサイトがあります。この辺りで漢方に効果があるのか、「信頼に足る情報か」を調べていきます。

http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/index.html

ADHDにも効果はあるの?

抑肝散、抑肝散加陳皮半夏に関しては、ADHDに効果があることが日本東洋医学会でも示されている。Shanghai Journal of Acupunctureにおける研究によれば、子供592名を、鍼灸グループと漢方薬グループ、比較グループに分け、鍼灸で84.45%の効果率、漢方薬で78.77%の効果率となりどちらも、症状と脳波に改善が見られ、また患者の年齢が低いほど良好な結果が得られた。」とのことである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E6%84%8F%E6%AC%A0%E9%99%A5%E3%83%BB%E5%A4%9A%E5%8B%95%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3#%E8%96%AC%E7%89%A9%E7%99%82%E6%B3%95

ADHD|Wikipedia

漢方薬に科学的な根拠があるか、というと結局のところ「効果があるかどうか」を個々人が判断していくしかないな、というのが正直なところ。

本人に合うかどうかが大事

漢方は病名に対して処方が決まるわけではなく、症状に対して緩和させるのが目的といったところがあるので、つまり、飲んだ本人に良い結果が生じれば「正解」で、ダメなら止めるか変えるかすればいい、ということです。

漢方薬とADHDの関係を掘り下げる

漢方の効能について少しまとめたところで、じゃあADHDに対して、漢方で何ができるのか、について説明していきたいと思います。

漢方医学での発達障害

発達障害の場合、漢方で治療すべき「症状」によって内服する漢方薬も異なってきます。必ずしも、ADHDの根源にあるとされる、神経伝達物質に働きかけるような薬じゃないといけないわけではありません。

ぶっさん
ぶっさん

大人の場合は、例えば、自分の性質を理解して行動していくことが一番のADHDとの付き合い方になるわけですが、それでも社会のルールに従って生きていく以上、多大なストレス負荷がかかったりします。その結果、不眠や消化器症状が現れて、心身ともに衰弱していくことが多いです。

そんな中、自分の症状に合わせて漢方を取り入れることで、身体の不変を正すだけでも生活はしやすくなったりします。大人になってからADHDが発覚した方の場合は特に、(仕事はうまくいかなくても)生活上はなんとかやっていけることが多いです。

肝と腎の話

漢方についての解説です。私は処方された漢方を内服していただくため漢方の効果を説明することはありますが、専門ではないので引用で失礼します。

肝とは

漢方医学において精神状態は主に肝(かん)がコントロールしています。肝は気の流れをスムーズにし、精神状態を安定化させるはたらきを担っています(肝はその他にも眼や筋肉のはたらきも司っています)。

http://www.123do.co.jp/cgi-bin/illness/archives/95.html

「肝」というのは、いわゆる「感情」や「精神」といったところを指すものです。気分からくる不調であれば、「肝」に効能のある漢方を選んでいく必要があります。

「肝」で対処したい症状
  • イライラ
  • 衝動的な怒り
  • ヒステリ
  • そわそわ
  • 不安

腎とは

腎は成長や発達、生殖活動などをつかさどっています。この腎は肝とつながりが深い臓であり、肝腎同源(かんじんどうげん)といって肝が失調すると腎のはたらきも弱まり、逆に腎の精が少なかったりすると肝のはたらきも弱まってしまいます。

http://www.123do.co.jp/cgi-bin/illness/archives/95.html

「腎」は成長や発達に関連するということですが、さらに具体的にいうと「ホルモン」や「神経」系といった調子を整えるような作用を指していることが多いです。

ぶっさん
ぶっさん

腎臓も「ホルモン」で血圧を調整したりしているくらいだからね。

「腎」によって改善したい症状
  • 疲労感、だるさ
  • トイレの悩み
  • 成長障害
  • 自律神経の不調

http://www.123do.co.jp/cgi-bin/illness/archives/95.html

漢方薬によるメリット

ADHDには、コンサータやストラテラといった西洋薬もありますが、あえて漢方を使用する理由やメリットについて説明します。

副作用が少ない

副作用がないわけではないのですが、一般的なADHD治療薬と言われるものよりは格段に副作用を感じることは少ないです。

抗精神病薬は直接神経伝達系に作用するため、効果が大きい分、副作用も避けては通れません。漢方の場合は、分子量が大きいため、脳血管関門を通り抜けることができません。そのため、基本的には自分がもともと持っている機能に、漢方が補助的に作用して神経伝達物質を調整していくことになります。

http://medical.radionikkei.jp/tsumura/final/pdf/131030.pdf

http://medical.radionikkei.jp/tsumura/final/pdf/131030.pdf

ADHDでも漢方の使い方は一様ではない

ADHDに関しても、「何に困っているか」によって、解決方法も異なります。ADHDはとかくストレスを感じやすい性質があります。漢方によって諸症状を和らげることが一番の解決策である可能性はあります。ぜひ、ご検討ください。

看護師が思う「ADHD」と「漢方」

あくまでも病棟看護師として、患者さんの変化を見てきた感想です。効果はかなり大きな個人差があります。

劇的に効く、ということはない

ぶっさん
ぶっさん

そもそも、ADHDのような発達障害が完治する、ということはないと私は思っています。コンサータあたりは「別世界みたいだ」と感じる人もいるので、感覚としてはまちまちなのかもしれませんが。

一看護師の感想、というか体験の部分が大きいですが、やはり漢方は「著効」している感じは得られません。

治ったと感じられるゴールはどこなのか

ひとつは、そもそもADHDの治療のゴールってどこなのか、ってことも関係していると思います。

例えば、精神科の急性期患者として、妄想バリバリで家族に暴力を振るうなんて患者さんがいるとしたら、明確な目標として「妄想を脱して」「本人と家族が安心して暮らせる」なんてゴールがあると思います。

ぶっさん
ぶっさん

私のような急性期の精神科で看護をしていた身からすると、生命を脅かすレベルの精神症状を治すためには神経系に直接作用する薬剤を第一選択に考えてしまいがちなんですよね。

ADHDの場合、社会生活の適応がひとつのゴールとなりますが、それは個々人によって「学校の居場所ができる」だったり、「職場で求められている仕事がクリアできる」だったり、レベル差があります。

ADHDの場合、漢方はゴールまでの補助輪

個人的な意見ではありますが、ADHD患者の苦しさは、社会生活の規範に縛られることによって生じる「不快感」や「苦痛」だったりします。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

いや、そんなの普通の人はみんな感じてるから!

ぶっさん
ぶっさん

世の中の人みんなが苦痛に晒されてるとか、どんな社会なんじゃい!

と、世を憂いたところで自分の生活は変わらないので、自分で変えられるところから少しずつ変えていきます。

ぶっさん
ぶっさん

でも、世の中、そううまくはいかないよね

うまくいかないことがずっーと続くことで、気持ちだけではなく体もつらくなってきます。具体的に言えば、苛立ちや不安、さらには消化器症状などの身体症状も現れてきます。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

つまり、そのつらい症状を緩和してくれるのが漢方の役目ってことね

ADHDの特性が直接治るわけではありませんが、「つらい」を部分的にも抑えながら、社会に適応する補助輪になればいいんじゃないかと思っております。

ADHD患児(小児)の場合

ADHDの診断が出た小児の場合について、漢方との付き合い方をまとめていきます。

何がつらいかを親も把握する

まずは、どうして漢方が必要になるのか、本人の話をしっかりと聞いていく必要があります。

ぶっさん
ぶっさん

先述の通り、「ADHDだから漢方」が処方されるわけではないので、何がつらいのか本人の表現してもらいましょう。

だいたい、ADHDの診断がつく子どもは、すでに学校で多くの失敗体験をしています。親にとっては学校でうまくいかないことが心配だと思いますが、「学校でうまく過ごせるようになること」が目標になっていないでしょうか。

まずは、本人にとってつらいのが、「気持ちが落ち着かないこと」なのか、いじめられるから嫌なのか、周囲の大人が怒るから嫌なのかを整理してみましょう。

ヨメちゃん
ヨメちゃん

周囲が責め立てることが原因なのは、漢方でも治らないからね。少し落ち着くだけで気が楽になるなら、漢方が効果的かも!

漢方の味が苦手でやめる場合も

発達障害の場合、他の人には理解できないくらいに神経が過敏な子が多いです。

ぶっさん
ぶっさん

大切な薬だとわかっていても、漢方で嫌な思いをすると内服の継続は難しくなります。(知的な問題やASDが重なっているなどの状況にもよります)

成功したら本人にフィードバックして共有

自分で必要性を理解すれば継続して内服できるようになるので、まずは成功体験として、飲んだら調子良く過ごせた、などのフィードバックを本人にしていくのが大事です。

ぶっさん
ぶっさん

本人は「苦いから」と言っても、実は他に飲みたくない原因があることも。なんにせよ、本人の意見を大事にして、自分の特性と付き合っていけるようなサポートが必要と考えます。

本人の意見が大事

「暴力が治ってないから、薬の効果がなかった!」など、親にとっての判断基準と、実際に子供が感じている漢方の効果は混同しないように気をつけるのも大事です。

ぶっさん
ぶっさん

よく、「また暴れるようになった」と再入院になる子がいます。原因は色々あって複雑ではありますが、薬のあう、合わないとは違うところに問題があるケースがほとんどです。

漢方に関しては、内服しながら合う合わないを医師と相談しながら決めてもいいと思います。

ADHDと関連の深い漢方薬一覧

ほとんど覚え書きみたいなものですが、ADHDで処方されやすい漢方をまとめておきました。自分の勉強用ではありますが、皆さんの参考になればいいなと思います。

抑肝散

精神科ではよく使われる漢方のひとつです。個人的には「最後の頼みの抑肝散」として知られています。

虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症

平肝熄風、気血双補。やせ形でやや虚弱、腹直筋に緊張が見られる患者の痙攣、情緒不安、不眠、自律神経失調症、血の道症、夜泣きなどに用いる。

近年の研究から、進行した「アルツハイマー型認知症」で起こる妄想や、徘徊(はいかい)、暴力などの抑制にも効能があることが知られている。 また、ADHDやうつ病にも効能がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%91%E8%82%9D%E6%95%A3

精神科の場合は、特によく使われる漢方です。気分を和らげる効果や突発的な行動を抑制することに定評があります。

ADHDで期待される効果

ADHDの場合は、多動性や衝動性の強い場合に行動の抑制目的で使用されることがあります。また、ADHDの周辺症状として、社会適応できずにストレスや不安が強い場合に、気持ちを和らげる効果も期待されます。

  • ストレス緩和
  • 不眠
  • 夜泣き
  • 自律神経失調

抑肝散加陳皮半夏

抑肝散に「やさしさ」を加えた漢方です。

「抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」は、「抑肝散」に「陳皮」と「半夏」を加えた処方。自律神経系の調節をしながら「血(けつ)」を補い、「気」「血(けつ)」をめぐらせる処方です。

ADHD患児への処方

ADHD患児の場合、イライラや不安から、すぐ手が出てしまうことがあります。抑肝散のストレス緩和の効果で気持ちを和らげること、衝動性を抑える効果が期待されます。加えて、生薬の効果で胃腸の調子も整えてくれます。

当帰芍薬散

特に女性が困りやすい諸症状に効くとされる当帰芍薬散。

筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすいものの次の諸症:貧血、倦怠感、更年期障害、月経不順、月経困難、不妊症、動悸、慢性腎炎、妊娠中の諸症、脚気、半身不随、心臓弁膜症。

柴胡加竜骨牡蠣湯

体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘

http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/prescription/saikokaryukotuboreito.html

こちらも精神科ではよく処方されます。不安感に加え便秘にも効きます。

漢方薬内服で気をつけること

漢方薬は、数種類の生薬(植物、動物、鉱物を加工したもの)の配合でできています。2千年前から培われた配合ですが、ときに肝機能障害、間質性肺炎、膀胱炎、浮腫、四肢けいれん、動悸、排尿障害などが起こります。併用の西洋薬との関連もありますので、服用中は定期的な通院が必要です。

http://ojiclinic.jp/kusuri/kusuri.html

http://ojiclinic.jp/kusuri/kusuri.html

食前である理由

食前服用のほうが効果が高いといわれていますが食後でも変わりないという報告もあります。したがって、食後に服薬が多い方には食前を、胃もたれしやすい方には食後の服用をお勧めしています。漢方薬は定期的服用のほかに、頓服として、先述の五苓散のように、胃がムカムカしたら、すぐ飲むとより効果的なものがあります。その場合は食前・食後・食間いつでも、「飲んだほうがいいかな?」と思ったときに飲むのがいちばんです。

http://ojiclinic.jp/kusuri/kusuri.html

http://ojiclinic.jp/kusuri/kusuri.html

簡単に説明すると、食後だと漢方の吸収が悪くなるものがあることと、効果が出すぎてしまうものがあるためです。

https://serai.jp/health/41999

漢方と副作用

漢方は副作用が少ない、と書いてきましたが、あくまでもADHD治療薬と比較した場合です。人によっては、漢方の方が禁忌となる場合もあるので、簡単に説明しておきます。

副作用がないわけではない

当然、漢方にも副作用があります。小柴胡湯の「間質性肺炎」が有名ですが、他にも、甘草が多い漢方では、「偽アルドステロン症」に注意が必要です。

漢方薬は、一般的に薬効(効きめ)が穏やかなものが多いことから、副作用がない、副作用が少ないと思われている人がいるようですが、これは大きな間違いです。薬である限り、どのような薬にも必ず薬効があるのと同時に副作用があります。漢方薬にも副作用があります。

http://www.kracie.co.jp/soudanshitsu/qa/10114099_4569.html

漢方薬の主な副作用

症状具体例
皮膚症状 発疹、痒みなど
胃腸症状 食欲不振、胃部不快感、膨満感、胸やけ、腹痛、下痢、便秘など
精神神経症状 頭痛、めまい、のぼせ、ほてり、しびれ、不眠など
その他 偽アルドステロン症、浮腫、間質性肺炎等

コメント

タイトルとURLをコピーしました